家事の1つである、洗濯。毎日することだからこそ、効率化させたいところ。

今回ご紹介するアイテムは、洗濯便利グッズ。「そのまま干せるネット」や「3倍早く乾くハンガー」「便利な物干しネット」まで、8つのアイテムをまとめてみました。これから新生活をはじめる方は、参考にしてみてください。

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので販売ページご確認ください。

スニーカー 洗濯ネット そのまま 干せる ランドリー ネット

そのまま干せる洗濯ネット。一般的に洗濯ネットといえば、洗うときだけしか使いませんが、これは洗ったあと、そのまま干せるというもの。

大量の衣類には向いていないかもしれませんが、クッションや靴など形があるものであれば、使いやすそうです。

3倍早く乾く 8の字ハンガー 10本セット

ハンガーを変えるだけで、洗濯物の乾燥速度が3倍も早く。そんなハンガーが8の字ハンガー

空気の通り道を大きく作ることで、乾燥を早めくれる仕組み。また、6月になれば、梅雨の季節がやってきます。なかなか乾きにくい季節に備えておくのもよさそうです。

CONNECT-J 洗濯 物干し 引っぱりハンガー

伸縮自在で、物干しスペースや洗濯物の量に合わせて横幅を自在に変えられる物干しハンガー。

さらに、外側の洗濯物を巻きつけて下に引っ張ることで、一気に洗濯物すべてを洗濯バサミから取り外すことができ、突然の雨にも慌てることなく取り込むことができますよ。

それを可能にしているのが、洗濯バサミの特殊な形状。強く引っ張っても、洗濯物にダメージを与えず取り外すことが可能です。さらに、3点でしっかりとささえているので、壊れにくいところもポイント。

そのまま洗える 仕切り付き ランドリーバッグ

洗ってそのまま干せるランドリーバック。洗濯物を洗濯カゴに入れる必要がなく、このまま洗い、このままベランダまで持っていくことができます。

乾かしたあとは、ランドリーバックに洗濯物を入れて取り込みばOK。洗濯カゴを置くスペースもいらなくなるので、省スペースにもなります。

レック ベランダ用 べんりシート

外出中の突然の雨。せっく干した洗濯物が濡れてしまったという経験は誰もがしたことがあるでしょう。そんな人は、ベランダ用の防水シートを検討してみてはいかがでしょうか。

物干しさおに垂らして使うもので、突然の雨でも洗濯物が濡れるのを防いでくれます。使わないときは、カーテンのようにしまっておけるので、場所もとりません。一人暮らしの人は突然の雨に対応できないことがあるので、持っておくと便利かもしれません。

ダイヤコーポレーション 枕用洗濯ネット

枕を干すときに便利なのが、洗って干せる枕ネット。枕をネットに入れて洗濯機へ。そして、そのまま干せるというものです。

枕って洗ったときに、どこに干せばいいかわかりませんよね。ハンガーにかけるわけにもいかないし…。これなら、ネットに入れてそのまま干せるので、非常に便利。

物干しネット 2段

2段で洗濯物を干せるネット。ぬいぐるみやタオルなどの小物をまとめて干せるのがポイントです。

使わないときはコンパクトにしておくことも可能。使うときだけ取り出せるので、省スペースにもなります。個人的には、これは干物や干し芋をするのにもよさそうだなと思います。

クッション・ぬいぐるみ用 物干しネット

クッションや座布団、ぬいぐるみといったものを干すとき、干す場所に困りませんか? 物干しネットは、自由に折り曲げられるネット。

物干しざおに吊り下げることで、クッションやぬいぐるみといった立体のものでも、簡単に干すことができます。衛生的に干せるところはうれしいですね。


Image: Amazon(1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8

Source: Amazon(1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8