ギズモード・ジャパンより転載

新しいiPad miniが人気です。

スマホ画面では小さくて物足りないけど、ノートPCや大画面タブレットだとデカいし大げさ」というスキ間を、うまく埋めてるんですよね。

でも、がっつり文字を打ちたいときは「イマイチ使い勝手が良くなくて…」と感じている人にチェックしていただきたいのが、ロジクール (Logicool)の「KEYS-TO-GO iK1042BKA」。

ロジクールbluetoothキーボード2
Image: Amazon.co.jp

入力デバイスの老舗、ロジクールが作ったこのBluetoothキーボードは、まず何といっても、キーレイアウトをiPadに合わせてあるというところがポイント。

しかも、サイズはタテ約137×ヨコ約242mm。縦横ともiPad miniより2〜3cmほど大きいものの、厚さ約6mm、重量約180gという、モバイルするのに最適なサイズ感なんですよね。

純正品と言われたら信じてしまいそうな完成度に仕上がっています。

ロジクールbluetoothキーボード3
Image: Amazon.co.jp

バッグに入れて運ぶも良し、iPadと一緒に小脇に抱えて運ぶも良し。

いつでもどこでも、快適な入力環境を整えられるでしょう。

ロジクールbluetoothキーボード4
Image: Amazon.co.jp

スマホ、タブレット用のスタンドが付属しているので、ノートPCっぽい使い勝手も実現。

iPadの方は純正カバーで立てておいて、付属スタンドにはスマホをセットし、マルチモニター化して使うのもよさそうですね。

ロジクールbluetoothキーボード5
Image: Amazon.co.jp

防水防塵仕様という点も、見逃せないところ。

すき間がないことで、バッグに出し入れするときにキートップを引っかけて壊してしまう心配が無用というところも、地味に助かりますね。

満充電で約3か月(1日2時間使用として)というロングライフバッテリーも搭載されていますし、買って損はないと思いますよ。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。

Image/Source: Amazon.co.jp, ロジクール