ギズモード・ジャパンより転載

前後に10回動かして復活!

切れ味が悪くなったナイフや包丁より残念なものって、そうそうないですよね。

と言っても、砥石で研ぐのは手間がかかるし、何より難しそうだし...。

そんなふうに思っている人にピッタリなのが、「京セラ ファインセラミック砥石 金属包丁用 RS-20BK」。

いわゆるシャープナーの一種ですが、よくあるタイプより刃研ぎ性能が優れていると感じられましたよ。

回転する砥石

ユニークな丸い回転砥石は、平滑面と溝切り面が半分ずつになっている仕様。

これによって、荒砥ぎと仕上げ砥ぎを同時にこなせるというのが「ファインセラミック砥石」の特長ですね。

刃先に無用なダメージを与えないように、力加減に気をつけながら動かすと良さそうですよ。

軸が斜めになっていて、回転する砥石の円周部分が刃に当たるので、刃に対してほぼ垂直方向に砥げるところがポイント。

横に滑らせるだけの一般的なシャープナーより切れ味が良くなるのは、これが理由とのことです。

手軽に使える

仕組みは少々ややこしいですけど、使い方は実にカンタン

溝に沿ってナイフ、包丁を10回ほど前後させるだけで、切れ味が復活しますよ。

気になったときにサッと砥げるし、価格もリーズナブルなので、とりあえずひとつ持っておくと重宝するでしょう。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。


Photo: 田中宏和

Source: Amazon.co.jp