ギズモード・ジャパンより転載

こんなに小さくなるなんて…。

今やエコバッグは必要不可欠なアイテム。筆者は 複数のエコバッグを状況に応じて使い分けているのですが、忘れて出かけてしまったり、予定よりも多く買い物をしてしまったりetc. 物が入りきらず、ビニール袋を購入することがあるんですよね。こういうの、けっこう悔しくて…。

そこで、バッグの大きさに左右されずに持ち歩けるエコバッグを手に入れてみましたよ。

鍵とワンセットになる「Foldyroll bag」

0.(ゼロドット)の「Foldyroll bag(フォルディロール バッグ)Mサイズ」は、A4サイズのファイルが入る小さなエコバッグです。

重さはたったの24gと500円玉3枚より軽いのに、容量は10Lで耐荷重は20kg。

筆者はカラビナで鍵につけています。

常にこの状態にしておけば、鍵を忘れない限りエコバッグも常に携帯できることに。スマホひとつで出かけるようなときでも、エコバッグを持っていられるので安心です。

形状記憶加工がされているので、折りたたみも簡単。この加工がイッセイミヤケのプリーツプリーツみたいでオシャレなんですよね。機能性とかわいらしさを兼ね備えているところがツボです。


持ち運びに便利な「anytimetote」

同じく0.(ゼロドット)の「anytimetote(エニイタイムトート) Lサイズ」は、幅5cmの幅広設計ハンドルを搭載している容量大きめのエコバックです。

こちらはゴムがついているので、ゴムを自転車のハンドルやベビーカーのフックに引っ掛けることが可能

筆者はゴムは本体につけ、カラビナでサコッシュにつけています。

筆者が使っているLサイズは、重さは39.5g。ミニトマト4個分とほぼ同じ重さなんだとか。容量は12Lで、耐荷重は30kg。これなら安心して使えるでしょう。

ハンドル部分には、小さなメッシュポケットが配されています。保管しておきたいレシートや、小銭などを入れておくのに便利です。

マチはないものの、お弁当などを入れることも可能でしたよ。

抜群に持ちやすいひとつハンドル

コンパクトに加えてアピールしたいのが、ハンドルの持ちやすさです。

一般的なエコバッグのハンドルは2本ですが、0.(ゼロドット)のエコバッグは1本。これがとても安定するんです。

特に「anytimetote(エニイタイムトート) Lサイズ」はハンドル部分が車のシートベルト素材になっているので、適度なハリがあって手や肩への負担が少なくて助かりました。

Foldyroll bag(フォルディロール バッグ)」も「anytimetote(エニイタイムトート)」も洗濯機でじゃぶじゃぶ洗えるらしく、清潔に保てるのが嬉しいポイント。エコバッグってすぐに汚れちゃいますから。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。


Photo: 中川真知子

Source: Amazon.co.jp1,2