歯磨きで口腔内環境の改善は意識しているものの、歯の“黄ばみ”を落そうと注力したことはありませんでした。

でも考えてみれば、会話や笑顔で露わになる歯は顔の中でも重要なパーツ。対面での印象を良くすべく、定期的にホワイトニングに通うのは理に適っています。

毎日の歯磨きで、口腔内環境とともに歯の見た目が改善するとなれば儲けもの。そんなダブル作用を狙った電動歯ブラシが「megasmile(メガスマイル)」です。

今回、machi-yaでプロジェクト展開中のプロダクトをお借りできたため、試してみたわかった魅力をお伝えできればと思います。

フィラメントに活性炭粒子がイン

Photo: 山田洋路

スイスの歯科医が開発したとのプロダクトが手元に届きました! 全身ブラックでボタンが1つだけ。シンプル操作の電動歯ブラシ…といった印象です。

Photo: 山田洋路

ヘッドの形状を見ると、歯の形にフィットしそうな山型に。細かいギザギザがついている機種はよく見かけますが、「megasmile」に関してはずいぶん大胆にくり抜かれています。この形状、歯に接触する面積が大きいので、数本の歯をいっぺんに磨けて効率が良さそうです。

フィラメントはラウンドカットのタイプ。ドイツの老舗フィラメントメーカーが製造しています。実は、このフィラメントにこそ「megasmile」の秘密が隠されているみたい。活性炭粒子を閉じ込めることで、歯の黄ばみやステイン(着色汚れ)を除去しようとの狙いがあります。

音波水流で歯間まで洗浄

Photo: 山田洋路

電動歯ブラシのモードは4つです。

センシティブモード(優しく洗浄)、インテンシブモード(低振幅で集中洗浄)、ディープクリーニングモード(高振幅で徹底洗浄)、ポリッシングモード(歯の研磨と光沢維持) が、ボタンを押すたびに切り替わります。

Image: Rinowa

歯や歯茎の質、目的に応じて最適なモードが選べるのは嬉しい。エナメル質を傷つけずに歯の表面を磨き上げるポリッシングモードは、ほかのモードとの併用が奨励されています。

それぞれブラシの振幅や振動数などが異なり、最大42000回/分の振動で音波水流を発生させて歯間まで洗浄する仕組みとのことです。

マイクロバブルのシュワシュワ感が心地いい!

Photo: 山田洋路

朝と夜の歯磨きで「megasmile」を試してみました。

歯垢や着色汚れを除去…と聞くと、鋭利なフィラメントでカリカリやるのを想像していましたが、「megasmile」に関しては歯や歯茎にダメージを与えずこれを実現しているとのこと。実際、磨いたときの刺激はとてもソフトなものでした。

Image: Rinowa

30秒ごとのアクティブタイマーがエリア移動のタイミングを示してくれるので、2分間で満遍なくブラッシングできます。

インテンシブモードやディープクリーニングモードでは、マイクロバブルのシュワシュワ感が感じられました。細かな振動は歯茎がむずがゆいような感覚を誘いますが、慣れてくるとこれが心地よくなります。

メンテナンスは手間いらず

Photo: 山田洋路

歯磨きを終えたら軽くすすいで充電スタンドに。本体の防水性能はIPX7となっているので、水場でも気にせず扱えます。

短期間のため歯の黄ばみが落ちたかどうかは不明でしたが、事前情報の影響を差し引いても、歯磨き後の爽快感は癖になるレベルでした!

茶渋のように時間とともに蓄積していく歯の汚れは、毎日の歯磨きでこまめに落としていきたいところ。口腔内ケアと歯の研磨が同時に叶う「megasmile」はとても魅力的なプロダクトだと感じました。


活性炭粒子の力でステインを除去する音波電動歯ブラシ「megasmile」は、現在machi-yaにて支援を受け付けています。執筆時点では【早割】20%OFF(50名様限定)、12,784円(消費税・送料込み)からオーダー可能な状況です。

限定数が設けられているため、検討はお早目に。プロダクトのスペックや仕組みに関する詳しい説明は、以下のWebサイトで確認いただけます。

Image: Rinowa

Photo: 山田洋路

Source: machi-ya