iCloudは、Appleのクラウドストレージサービスです。

データのバックアップや同期ができるほか、ほかのiCloudユーザーとファイルやフォルダを共有することができます。

もし、あなたがAppleユーザーではなく、iCloudを使った共同制作に参加したい場合は、Web アクセスだけでiCloudを使うというやり方があります。

Appleデバイスを持っていなくても大丈夫です。

Webアクセスだけで使うiCloudとは?

20211226-icloudweb01

この機能を使えば、Appleデバイスを持っていなくても、iCloudにアクセスして、ファイルの共有や共同制作を行うことができます。

iCloud上で書類やプレゼンテーション、スプレッドシート、メモなを使ってリアルタイムに作業できます。

つまり、もしあなたがiCloudユーザーなら、誰でも好きな人を招待して、自分のiCloudのファイルにアクセスしたり、編集する権限を与えられるということです。

Web アクセスだけでiCloudを使うことで、Appleユーザーでない人でもiCloudドライブやPages、Keynotes、メモ、Numbersにアクセスしたり、1Gの無料ストレージを利用することができます。

Web アクセスだけでiCloudを使う方法

もしあなたがAppleユーザーでないなら、まずやるべきことはApple IDを作ることです。 IDを作成したらiCloud.comを開いて、Apple IDでサインインしてください。

お使いのデバイスがインターネットに接続していることを確認してください。iCloudの最新機能を利用するには、以下のシステム要件を満たしている必要があります。

iCloudは最新のSafari、Chrome、Firefox、Opera、Edgeに対応していますが、推奨されるシステム条件は以下となっています。

  • Microsoft Windows 10 (May 2019アップデート以降)
  • iCloud for Windows 11 以降
  • iTunes 12.7
  • Outlook 2016以降
  • Firefox 45以降
  • Google Chrome 54以降
  • Microsoft Edge
  • Opera

iCloudを利用するための最小システム条件も、Appleのウェブサイトで確認できます。一部の機能だけ使えれば良いという場合は、チェックしてみてください。

そのほかの注意点

Web アクセスだけでiCloudを使う場合、無料で利用できるストレージは1GBまでとなります。Appleデバイスがないと、iCloudのフル機能を利用したり、iCloud+ にアップグレードすることはできません。

Appleデバイスがなくても大丈夫

iCloudでファイルを共有したり、共同制作をしている友人がいるなら、あなたも自分のiCloudアカウントを使って、一緒にファイルを共有したり共同制作を行うことができます。

Apple IDを取得すれば、Appleデバイスがなくても、WebだけでアクセスするiCloudで一部の機能を利用することができることを覚えておきましょう。


Source: Apple

Original Article: How to Use iCloud Without an Apple Device Thanks to iCloud's Web-Only Access by MakeUseOf