ライフハッカー[日本版]編集部とライターが、2021年に買ってよかったもの=ライフハッカーのタグラインである「Work Fast ,Live Slow」を叶えてくれたアイテムをご紹介します。

>>「これ買ってよかった」の記事一覧はこちら

日中、打ち合わせや取材で外出していると、SlackやLINEの通知を見れない時間があります。急ぎで返信が必要な連絡が来ていないかと、会議中に不安になることも。

そこで、Apple Watch Series 7の41mmを導入して、仕事の仕方を変えてみることに。

結果、使い心地がよく、毎日身につけていたいアイテムになりました。

今回は、Apple Watch Series 7を購入してよかったところを紹介します。

大画面で通知が見やすい

DSC07329

まずは手にとってみた感想から。

2年ほど前まで、Apple Watch series 3を使っていたのですが、それと比べるとApple Watch Series 7はノッチの幅が改善されおよそ50%も画面が大きくなっています。

これにより、画面が非常に見やすくなりました!

Apple Watchは「時計」ではありますが、通知を見たり、メールを返信したり、音楽を操作したりと、スマホのように使用します。

特に、男性は指が少し太いこともあって、Apple Watch series 3だと画面のほとんどが指で隠れて操作しにくかったんですよね。

それが、Apple Watch Series 7になってかなり改善されました。もしApple Watch Series 3を使っている人がいたら、強く買い替えをおすすめしたいです。

Apple Watchでスマホの接触時間を減らせた

DSC07337

Apple Watchを使うことで、「常に通知を確認できる状態にする」という主目的は十分達成されました。打ち合わせ中でも、手首に通知がビビッと届き、内容を確認できるので非常に助かります。もし大事な内容であれば、スマホを出さずにささっと返信。

いやはや、なんともスマートです。

加えて、副次的な効果として、スマホを遠ざけることに成功したことも大事なポイント!

よく受け取る、スマートニュースやLINE、Slack、Chatwork、Messengerの通知は、手首で確認できます。結果として、スマホを開く必要性がガクッと減りました。

通知をスマホでいちいち確認していると、TwitterやInstagramなどのSNSをついでに開いてしまったり、意味もなくネットサーフィンをはじめてしまったりすることがよくあります。

でも、Apple Watchで確認を済ませてしまえば、iPhoneに時間を割く必要性も下がるのです。

一番使っている、iPhoneを探す機能

DSC07331

話は少し変わりますが、皆さんはスマホをなくすことはありませんか? 私は1日のうち、15分はスマホを探す時間に当てているほど、置いた場所をすぐに忘れてしまいます…。

その問題も、Apple Watchで解決できました。

なんと、Apple WatchからiPhoneの音を鳴らすことができるのです! 時計や通知の受け取りをのぞいて、これが一番使っている機能かもしれません。

毎日、家でiPhoneを鳴らしています。なくさないのが一番いいのですが、なくした時にすぐに探せるようにしておくのも大事ですよね。

これ以外にも、心電図や心拍数を測ったりできる健康要素の強い機能も搭載されていたり、1日の歩数やカロリーなども計測してくれます。

何かと便利なApple Watchですが、古いモデルから買い替えを検討していたり、初めてスマートウォッチを使う人には、Apple Watch Series 7をおすすめしたいと思います!

>>「これ買ってよかった」の記事一覧はこちら

Source: Apple