口腔環境と健康状態との関連性が広く取り上げられるようになり、オーラルケアを重要視するようになった方も多いんじゃないでしょうか。

日頃のオーラルケアの質を左右するのが歯ブラシですが、スイスの歯科医が開発したプロダクトがmachi-yaに登場しています。

音波電動歯ブラシ「megasmile(メガスマイル)」には、歯の着色汚れ(ステイン)を取り除くための独自技術が備わっています。

ヤニや茶渋で、歯の汚れが蓄積するのは避けがたいもの。これを除去してくれる特殊技術とはいったいどんなものなのか、プロダクトの特長をチェックしていきましょう。

活性炭粒子入りのフィラメントが肝

a964b57272622c4b031957c57d537c84
Image: Rinowa

それぞれ歯ブラシへのこだわりはあるかと思います。“奥歯に届く”、“歯茎がケアできる”といったメリットを謳うプロダクトはよく見かけますが、“歯の着色汚れを取り除く”ことにフォーカスしたものは希少ではないでしょうか。

「megasmile」に関しては「ACPテクノロジー」と呼ばれる独自技術を実装。歯磨きのフィラメントに小さな活性炭粒子を配合することで、歯をコーディングするエナメル質を傷つけずして、汚れを除去する作用を狙っています。

@3megasmile(1)
Image: Rinowa

なんでも活性炭粒子には、歯の頑固な汚れや歯垢(プラーク)を浮かせて落とし、浮かせた汚れ成分を吸収する働きがあるとのこと。

この2つの清浄作用を発揮するために必要なのは、普段通りのブラッシングだけとの点が嬉しいです。黄ばみがなく光沢が維持された歯であれば、口を開けて思いっきり笑えますよね。

音波水流で歯の隙間を洗浄

megasmile
Image: Rinowa

ユニークな活性炭粒子配合技術が目を引く「megasmile」ですが、これを差し引いたとしても優秀な電動歯ブラシといえます。

マイクロバブルを発生させ、音波水流で歯の隙間を洗浄。毎分最大42,000回のブラシストロークでパワフルなブラッシングを促します。

@3megasmile(2)
Image: Rinowa

毛先の形状は丸型を採用していて歯茎を傷めない仕様。ヘッドは、2本の歯を同時に磨け奥歯にもフィットするデザインです。

フィラメントは品質規格ISO 9001を取得しているドイツの老翁会社が製造。柔軟性と弾力性を備えたナイロン素材はブラッシングを快適なものにしてくれそうです。

4つのモードが使い分けられる

@3megasmile(3)
Image: Rinowa

目的や歯と歯茎の状況に応じて4つのモードでブラッシングできます。

歯と歯茎が敏感/インプラントをしている方はブラシの振幅を抑制した「センシティブモード」

集中的にオーラルケアをしたいときは音波水流による強力洗浄を促す「インテンシブモード」

しつこい着色汚れや歯垢に働きかけたいときは高振幅の「ディープクリーニングモード」

歯の表面をツルツルに磨き上げたいときは歯の研磨と光沢維持に特化した「ポリッシングモード」

磨き過ぎ防止機能も

@3megasmile(4)
Image: Rinowa

スマートタイマーが磨き過ぎが防止に貢献。歯科医推奨の2分間でストップして、知覚過敏などの弊害を防ぎます。

振動パターンにより、上下/左右の4つのエリアを30秒間ずつ磨くよう促す機能も便利です。

USB充電なので、パソコンやモバイルバッテリーからの給電も可能。防水性能はIPX7となっていて丸洗いもでき、扱いやすい電動歯ブラシです。


活性炭粒子入りのフィラメントで歯の汚れに働きかける「megasmile」は、現在machi-yaにて支援を受け付けています。執筆時点では【超早割】25%OFF、11,985円(消費税・送料込み)からとお得にオーダー可能な状況。替えブラシの支援コースも用意されています。

蓄積しやすく取り除きにくい歯の着色汚れや歯垢、毎日のブラッシングだけでおさらばできればQOLが高まりそう。詳細は、下記リンク先のページからご確認いただけます。

Image: Rinowa

Source: machi-ya