ライフハッカー[日本版]編集部とライターが、2021年に買ってよかったもの=ライフハッカーのタグラインである「Work Fast ,Live Slow」を叶えてくれたアイテムをご紹介します。

>>「これ買ってよかった」の記事一覧はこちら

日常を過ごしていくなかで「これがあったおかげで充実していたな」というものと多く出会えた2021年。

機能的なものやそこにあるだけで満足するインテリア用品などもありましたが、絶対に必要というわけではなかったけれど「買ってよかった」と思えるものの1つが『Sennheiser(ゼンハイザー)』の完全ワイヤレスイヤホンです。

使うことで体感できる音質の良さ

211218sennheiser-01

今までワイヤレスイヤホンが欲しいと思いながらも、この数年で多種多様なイヤホンが発売されてどれを買おうか悩んでいた筆者。

お手頃な価格で音質も重視したものを、と購入したのがSennheiserの完全ワイヤレスイヤホン 『CX True Wireless』です。

ノイズキャンセリング機能はついていませんが、「パッシブノイズアイソレーション」で周囲の音を遮断着けた瞬間に驚くほどの静けさで、隣の人に話しかけられてもわからないほどです。

ベースブースト機能による低音の存在感と、クリアな高音とのバランスが心地良く、音楽を聴く時間が相当増えました。

特に待ち合わせの空き時間や夜のゆったりとした時間などで音楽に没頭でき、「心の休憩」時間が増えた気がします。

質の良いイヤホンを使うことで、音楽が日常をより鮮やかに彩ってくれています。

最長で27時間再生を実現するバッテリー

211218sennheiser-02

イヤホン自体はやや大きめの無骨なデザインで、人間工学に基づいてつくられており長時間の装着でもストレスフリー。iPhoneを耳にあてて話して疲れることもありましたが、長時間の通話にも助かっています。

また、一度で最長9時間、充電ケースを合わせると、さらに18時間の合計27時間再生が可能。充電切れで使いたい時に使えないなんてことも少なく、家でも外でも持ち歩いています。

3万円前後するイヤホンを買うにはちょっと」という気持ちと「音質にもこだわりたい」という要望にちょうどいい立ち位置のCX True Wirelessは、ワイヤレスイヤホン初心者の筆者にはぴったりなアイテムでした。

2022年も音楽を身近に楽しむことで、勇気づけられ、励まされることで充実したものにできるだろうと思います。

>>「これ買ってよかった」の記事一覧はこちら

Source: SENNHEISER CX True Wireless