皆さんは、包丁の手入れはまめにする方ですか?

切れない包丁で料理をするほどストレスフルなことはありませんよね。私は魚をおろす前は必ず調理前に研ぐようにしているのですが、悲しいかな素人のお手入れって限界があるんです。

素人でも手入れが簡単で、切れ味が保てる包丁はないかと思っていたところ、姉妹サイトmachi-yaで気になるプロジェクトを発見。ブレード包丁「SHADOW」は、和包丁の技術に欧州高級ナイフの合理主義が融合した逸品

使ってすぐに「これは今まで使ってきた包丁とは一線を画す」と実感。どこがすごいのか一緒に見ていきましょう。

刃離れの良さを作り出すフッ素コーティング

IMG_2786
Photo: 飯田あゆみ

「刃離れが良い」というのは、包丁でカットした食品の断片が刃にくっつかないことを指します。切った食品との間に空気が入る隙間を作り出すことで刃離れをよくできるのですが、こちらの「SHADOW」は、それをフッ素コーティングで実現しました。

刃の黒い部分は全てざらりとしたコーティングが施されています。下の動画で「SHADOW」の刃離れの良さが伝わるでしょうか? 普通のナイフでカットしたキュウリは、すべて刃にぺたりと張り付いているのに、「SHADOW」ではその割合がかなり低減しています。ざらざらした加工が、効果を発揮しているのがわかります。

2_AdobeCreativeCloudExpress
Photo: 飯田あゆみ

切れ味抜群で、断面をつぶさない

3_AdobeCreativeCloudExpress
Photo: 飯田あゆみ

切れ味の悪い包丁の我慢できないところは、カットした食品の断面がつぶれてしまうところ。上と下の動画は、最初にカットしているのが市販のナイフ、あとからカットしているのが「SHADOW」です。包丁の入り方が全然違うのがわかっていただけるでしょうか?

1_MOV_AdobeCreativeCloudExpress
Photo: 飯田あゆみ

食品に「すっ」と抵抗なくに刃が沈んでいくので、のこぎりのようにぎこぎこ引かなくても、きれいにカットできるのです。切り口はなめらかで、断面のどこも潰れていません。カツオのたたきも金柑も余計な汁を一切出さずに切ることができました。盛り付けに差が出るのはこういうところですよね。

スライサー無しでも極薄切りが可能

名称未設定のデザイン
Source: mirasora

パーティー用の飾り切りには、切れ味の良い包丁が欠かせません。なぜなら、盛り付けの際に加工しやすいように極力薄くスライスできることが大事だから。

市販の一般的な価格帯の包丁やナイフでは、そこまで薄くスライスできないので、スライサーを使うことが多いかと思うのですが、「SHADOW」があれば大丈夫。潰れやすい繊細な食材も、きれいにスライスできてしまうのです。トマトもビックリするくらい抵抗なくきれいにカットできました。

4_MOV_AdobeCreativeCloudExpress
Photo: 飯田あゆみ

こちらの黒い包丁「SHADOW」は、ただいま姉妹サイトmachi-yaにてクラウドファンディングに挑戦中です。種類はペティナイフ、ユーリティナイフ、シェフナイフの3種類用意。

執筆時点では早割10%OFFでペティナイフが6,120円、ユーリティナイフが7,020円と、早割15%OFFでシェフナイフが8,330円(それぞれ税・送料込み)からの支援が可能です。

自前の包丁に不満を覚えているのであれば今が買い時! プロジェクトの詳細とエントリーは下記サイトから!

>>【極上の切れ味をリーズナブルに】一流シェフ公認。フッ素加工した黒の包丁

Photo: 飯田あゆみ

Image: mirasora

Source: machi-ya