数ある包丁の中で自分のお気に入りの品を見つけるのは至難の業です。切れ味の良さでは和包丁が有名ですが、錆びに弱いのお手入れが面倒。かといって、錆びにくいステンレスの包丁を選ぶと、今度は切れ味に満足できません。

そんな時に、両方を満たせそうな商品が登場しました。こちらの「SHADOW(シャドウ)」 は、ラトビアのナイフ職人たちが和包丁と西洋ナイフの良いところを融合させて作ったという優れものです。

スッと引けばキレる感動

detail_19862_16300445532481
Image :mirasora

「SHADOW」は写真のように黒いブレードが特徴なのですが、これはフッ素コーティングを施してあるから。その結果、 食材の「刃離れ」が良く、汚れが付きにくい包丁に仕上がっています。もともと家庭用のタフな使用を想定して作っているので、刃こぼれしにくく切れ味のよさもお墨付きです。

切れ味の悪い包丁だと、カットした面がつぶれてぐちゃぐちゃになってしまうローストビーフもこの見事な切り口です。

detail_19862_163004504998161
Image :mirasora

刃には高強度ステンレス鋼を使用

detail_19862_16300442741669
Image :mirasora

「SHADOW」のブレードは高級刃物や医療機器用ナイフなどにも使用されている、日本製の高強度ステンレス鋼「AUS8」を単一の鋼材で使用しています。AUS8は刃物に必要な硬さと適度な粘り強さ、そして錆びにくいという3つの必要項目を全て兼ね備えた特殊金属なのです。このAUS8が抜群の切れ味を生み出しているのですね。

上の動画では水の入ったペットボトルを切っていますが、居合の達人にしかできないようなことが、家庭用包丁でできてしまうとは驚きです。下の動画のカボチャをカットするところもすごいです。

ed5eda75-b4fc-4a6c-9abb-c332b9e581fa
Image :mirasora

野菜、果物、お菓子も潰さずきれいにカット

5d3a40dd-ad9e-4dc0-ac85-f263d5acd335
Image :mirasora

切れ味の悪い包丁は、うまく薄切りができません。しかし、「SHADOW」は柔らかいフルーツも薄切り可能! しかも、フッ素コーティングされたブレードが水をはじくために、食材が刃にくっつきにくいのが特長。「SHADOW」を一本持っていれば、今よりもっと料理が楽しくなりそうですね。

「SHADOW」は現在姉妹サイトmachi-yaで大きな牛刀サイズ、普段使いのユーティリティサイズ、ペティナイフサイズの3種がクラウドファンディングに挑戦中です。

執筆時点では、800名限定で ペティナイフが販売希望価格 6,800円を早割10%OFFの6,120円(税・送料込) から支援可能です。2点セット、3点セットもあるのでプロジェクトページでチェックください。

「SHADOW」の詳細やエントリーは以下のサイトで確認ください。

>>【極上の切れ味をリーズナブルに】一流シェフ公認。フッ素加工した黒の包丁

Image: mirasora

Source: machi-ya