まな板は使えば汚れるのが宿命。そう割り切って、頻繁に買い替える対策で乗り切ってきました。ただ、環境のことを考えるとこのまま使い捨て続けていいのだろうかと疑問を感じてきました。

そんななか、汚れや臭いが付きにくいとの魔法のようなまな板の存在を知りました。

machi-yaでクラウドファンディングを実施する「TiANN純チタンまな板」なら、お手入れもササっと済ませられそうです。さっそくお借りして、使い勝手をチェックしてみることにしました!

抗菌性に優れたチタンはまな板の素材に最適!

@302
Image: fkjtradinglab

どうやら汚れや臭いが付きにくい理由は、素材のチタンにあるようです。チタンといえば錆びにくい印象ですが、耐久性や抗菌性に優れているとの特徴も併せ持っています。木やプラスチックのまな板では、表面が傷ついたところがカビたり黒ずんだりしがちですが、チタンならきれいな表面形状がキープできて菌も繁殖しにくいため、食材を扱うのに最適な素材なんです。

もちろん頻繁に水分や塩分にさらされたとしても錆びることがないので、長く使い続けられるに違いありません。

TiANN(1)
Photo: 山田洋路

デザインが無機質に感じられないかが心配でしたが、実際に「TiANN純チタンまな板」を手にしてみると、シャープな見た目が近未来的。食材の水分がこぼれ落ちないようにとの理由で設けられた淡い凹凸形状が特長的で機能美にあふれています。

汚れや臭いがつかないので調理の効率がアップ

TiANN(4)
Photo: 山田洋路

「TiANN純チタンまな板」を使って食材をカットしてみました! 包丁があたる度にコツコツという軽快な音と触覚フィードバックが…。これまで体験したことのない切り心地ですが、リズミカルに調理できてとても気に入りました。

野菜や肉、魚に同じまな板が使えるのも不思議な感覚です。軽く洗い流すだけで汚れや臭いが落ちてまっさらになるので、調理の効率アップが図れます。

従来だと生野菜をいただく際なんかに、一瞬まな板の風味が感じられることがありますが、「TiANN純チタンまな板」でカットしたキャベツに関しては、生臭さはおろか金属臭すらありせんでした!

後片付けの労力は大幅に削減

TiANN(2)
Photo: 山田洋路

特に肉なんかを切った後には、まな板をきれいに洗うのが手間でしたが、「TiANN純チタンまな板」ならサッと流すだけなので簡単。面倒な調理の後片付けが楽になるのは嬉しいです。

また抗菌加工が施してあるまな板も、消耗した状態での効果には疑問符が付きますが、天然の抗菌性を備えた「TiANN純チタンまな板」なら心強いです。うっかり洗い物を先延ばしにしても、汚れや雑菌が残りにくいんじゃないでしょうか。

プレートに盛り付け直す手間が省ける

TiANN(8)
Photo: 山田洋路

薄くて(厚さ2mm)軽い(重量300g)ので、フットワーク良くアウトドアに連れ出せます。アウトドアで使うキッチンアイテムには、特に衛生面での気配りが必要になりますが、ここでも天然の抗菌作用が効力を発揮してくれそう。

TiANN(9)
Photo: 山田洋路

トレイとしても使えるので、ホットサンドをカットしてそのままいただけます。さらにはオーブンでの調理にも利用可能とのことで、ピザを食べるまでの工程を短縮できそうです。


半永久的に使えて調理と後片付けが楽になるキッチンアイテム「TiANN純チタンまな板」は、現在machi-yaにて支援受け付け中。執筆時点では、早割15%OFFの11,780円(税込)+送料500円の支援コースが選択可能な状況です。アウトドア用のまな板としてもオススメ。1枚あれば多用途で使いまわせるんじゃないでしょうか。

「TiANN純チタンまな板」のさらなる魅力や活用法が、以下のWebサイトから確認できます!

>>【風味を損なわない一生モノ】抗菌作用で錆びや臭いが残りにくい超薄型純チタンまな板

Image: fkjtradinglab

Photo: 山田洋路

Source: machi-ya