ハビットトラッカーというツールをご存知ですか?

習慣トラッカーとも呼ばれ、習慣化を手助けしてくれるものです。

自作するのは意外に面倒なのですが、ミドリの『スタンプ 浸透印 ハビットトラッカー柄』を使ってからは楽しく続けられています!

手帳やバレットジャーナルを使っている人、運動や勉強といった習慣化したいことがあるけど続かない人はぜひ使ってみてほしいアイテム。

印刷や手書きが面倒な人や、味気ないのはちょっと…という人にもおすすめです。

印刷や手書きでつくる必要がなく、スタンプで一瞬

midori-habbit-tracker_2

筆者が買うに思い至ったのは、ハビットトラッカーの自作が面倒くさくなったからです。

最初は手帳のリフィルに印刷していました。最初につくってしまえばあとは印刷するだけで簡単ですが、とても事務的な仕上がりになります。筆者の第一印象は、味気のないただのマトリクス図でした。

当然ですが印刷したページでしか使えないので、自由度がなかったのも使いづらかったですね。

手書きでの作成にもチャレンジしてみました。

midori-habbit-tracker_3

5mm罫の方眼ノートに作成しましたが、毎回つくるのは思ったより大変でした。しかも、間違えて罫線を引いてしまうとモヤモヤするんですよね。

そこでミドリのスタンプ。

スタンプなので、押すだけで毎回同じクオリティーのハビットトラッカーができます。しかも、いろいろな場所に押せるのが楽しい!

ビジネスでは手帳やバレットジャーナルに押すのがテッパンですが、学生なら授業ごとのノートにつくるのもおすすめです。

デザインがかわいいので、モチベーションアップ!

midori-habbit-tracker_4

簡単につくれるだけでもうれしいのですが、デザインがかわいいという大きな特徴があります。デザイン、大事ですよね。

モチベーションが続くかどうかは、デザインの影響も多いと思います。手書き風なフォントが使用されているので、機械感が薄れてあたたかみを感じられます。

手帳に押すだけでテンションが上がるので、スタンプやかわいいデザインが好きな人はぜひ試してほしいです。

個人的には、左右に「good」「nice」と書いてあるのがポイントだと思います。 3日、4日と続いたときに承認欲求が満たされて、「続いてる自分すごい!」となります。 誰かが見てくれている感覚になって、褒められているように感じました。

デコレーションでオリジナル感を出せる

midori-habbit-tracker_5
Image:ミドリオンラインストア

「スタンプのデザインがかわいくても、白黒か…」と考える人もいるかもしれません。

このスタンプなら大丈夫です。油性インキを使用しているので、水性ペンや水性マーカーでデコレーションできます。デコレーションの仕方は人によって千差万別、自分らしく楽しめます。

オリジナル感を出せるので飽きがこない上に、新しく押すときに毎回考えるのも楽しいのです。筆者は月ごとに押していますが、毎回デザインを変えたくなってしまいます。

midori-habbit-tracker_6

あまりうまくないのが残念ですが…。もちろん、ハビットトラッカーとして日付に色がついていく様子は、気分が高まります。

裏抜けしやすいのが玉に瑕

midori-habbit-tracker_7

商品の注意書きにもありますが、使いはじめはインキがたっぷり入っているので、かなり濃く押されます。スタンプする紙によっては裏抜けしてしまうため、裏側が使いにくくなってしまうのです。

筆者は試し押しも含めて何回か押していますが、まだ裏抜けしています。

当然ながら押すときの力加減も重要です。スタンプを押すときは四隅と横側を持って、均等な力加減で押さなくてはなりません。

midori-habbit-tracker_8

簡単そうですが、これが意外と難しい!

均等なつもりでもムラになってしまい、二度押しできないので我慢して使わざるを得ません。

ムラができないように強めに押すと、やはり裏抜けしてしまいます。

midori-habbit-tracker_9

力加減に慣れるまでは、裏抜けやムラに悩まされるかもしれません。ちなみに、筆者はいまだに悩んでいます。

ビジネスもプライベートも習慣化が大切

midori-habbit-tracker_10

筆者は運動習慣をつけるため手帳にスタンプを押しています。今までは三日坊主で終わっていましたが、スタンプを使うようになってから続いています!

おもにプライベートで使っていますが、ルーチンワークのチェックのような使い方ならビジネスシーンでも活躍しそうです。

ちなみに、ミドリのスタンプシリーズは種類が豊富で、別売りのふせんと組み合わせると使い方の幅がさらに広がりそうです。 筆者もいずれ試してみたいと思います!

もっと【今日のライフハックツール】を見る>>

Source: ミドリオンラインストア