7時間寝ているのに、なぜか翌朝疲れている…。

その原因は、寝る前の過ごし方にあるのかもしれません。

今回は、疲れを翌日に持ち越さないための知識をまとめて紹介します。

入浴は5つのルールを守る

「睡眠」の質もアップする! 疲れをとる「入浴法」5つのルール

「睡眠」の質もアップする! 疲れをとる「入浴法」5つのルール

寝る前スマホは、すぐやめる

「快適な睡眠」に導く、デジタルとの付き合い方3つのポイント

「快適な睡眠」に導く、デジタルとの付き合い方3つのポイント

ストレッチで身体を「ゆるめる」

疲労回復のプロが教える、朝起きたときに疲れていない体を手に入れる方法

疲労回復のプロが教える、朝起きたときに疲れていない体を手に入れる方法

寝る前5分間で、「悩み」を整理する

脳のコンディションを整えるために知っておきたい、新しい「睡眠常識」とは?

脳のコンディションを整えるために知っておきたい、新しい「睡眠常識」とは?

おまけ:朝の通勤時にウォーキングを行なう

「自律神経」を改善させるために意識しておきたい「睡眠」の習慣

「自律神経」を改善させるために意識しておきたい「睡眠」の習慣

▼こちらもチェック▼

ウォーキングは間違いなく身体に良い!週にどれくらい歩くのがベスト?

ウォーキングは間違いなく身体に良い!週にどれくらい歩くのがベスト?

忙しいなかでも軽やかな身体を維持するためには、休息の質を高めることが大切です。

以上の習慣はすべて、今日から実行できるような簡単なもの。ぜひ取り入れてみてください。