ミニマムなアイテムが入るバッグは活動の妨げにならず効率的です。問題は、シーンによってミニマムが変わること。財布や文庫本、タブレットだけあれば事足りるシーンもあれば、パソコンが必要なシーンもありますよね。

バッグを使い分けるのが常識的な解決手段ですが、同一のバッグでこれを可能にしようとのチャレンジングなプロダクトがmachi-yaに登場です。2WAYバッグ「Vesty bag(ベスティ)」の特徴を順にご紹介。ミニマリストを自認する方は要チェックです!

フックを付け替えてバッグをチェンジ

vesty(2)
Image: everythingInc

「Vesty bag」はフルサイズでメッセンジャーバッグに、折り畳めばスリングバッグとして使えます。同じ斜め掛けですが、フックを付け替えることでバッグの角度が替わり、ファッション性と使い勝手に影響を与えます。

89ddc8e06f8322feefc22c459f099872
Image: everythingInc

たとえば、通勤など容量が必要なときにはメッセンジャーバッグとして、買い物など中身のアイテムに素早くアクセスしたいときにはスリングバッグとして活用可能。いずれにしてもかさ高くないのが嬉しいです。

スリムに見えて大容量

vesty(1)
Image: everythingInc

割とペラペラに見えますが、実はけっこう荷物が入るみたい。ポケットのサイドにはマチが設けてあり、普段は薄いバッグが中身に応じて大容量に。一眼レフですらスッポリ収まるポテンシャルを備えています。

vesty(1)
Image: everythingInc

メッセンジャーバッグ形態(幅43cm)では13インチのMacBookが入りますし、スリングバッグ形態(幅28cm)ですら、10.2インチのiPadも入りそうです。

水筒や手帳、ペンなどを整理して持ち運べる各ポケットを搭載。適宜必要なものを取り出せます。

バッグを地べたに寝かせないための工夫も

vesty(2)
Image: everythingInc

折り畳み部分がある設計を活かして自立させることも可能です。地べたにべたっとバッグを置くのはみっともないですので、スタンド機能はありがたいかも。

vesty
Image: everythingInc

生地が撥水性となっていますので、ちょっとした汚れであればさっと水拭きできそうです。

カラーバリエーションはブラックグレーの2種。

2WAYで使いまわせて薄型な「Vesty bag」は、現在machi-yaにてプロジェクトを展開中。執筆時点では販売予定価格の早割の8,000円(消費税・送料込み)からオーダー可能な状況です。限定数が設けられていますので早めのご検討がオススメ。この機会に、さまざまなシーンにジャストフィットするミニマリスト向けバッグを導入するのはいかがでしょう。

プロダクトの魅力が、以下のWebサイトからじっくりご覧いただけます。

>>紳士の嗜みを手に入れるための2wayバッグ「Vesty bag〜ベスティー〜」

Image: everythingInc

Source: machi-ya