スマートフォンをポケットの中に入れていて、知らないうちに電話が発信されてしまったことはありませんか?

気恥ずかしい思いをするだけで済むこともあれば、かなり困ったことになるケースもありますが、こうした誤発信はめったにあることではないのが救いです。

ところが、複数の友人、知人から「最近、あなたからおかしな電話がかかってくるんだけど」と言われたとしたら話は別。それは単なる誤操作ではありません。

もしあなたがPixel 6かPixel 6 Proを使っていて、最近そうしたことがあったなら、それはあなただけではありません。でもご安心を。頻発する誤発信を止める方法はあります。

現在、Pixel 6とPixel 6 Proで、連絡先リストに登録されている電話番号にランダムに発信されてしまう現象が発生しています。奇妙なのは、こうした誤発信は、ユーザーがスマホを操作していないときに起きることが多いということ。

考えられる2つの原因

スマートフォンの誤発信はふつう、ロックが解除されているときに起きるものです。ロック中のスマホから勝手に電話がかけられていることにPixelユーザーが混乱するのは至極当然のことです。

こうした謎の誤発信は、Googleアシスタントが原因である可能性が高いことがわかっています。この問題を遭遇した人は、「Googleマイアクティビティの履歴をチェックしてください。そんな指示をした覚えがないのに、Googleアシスタントによって電話がかけられているかもしれません。

もしあなたがPixel 6 ユーザーで、「Hey Google」と言った記憶もなければ、アシスタントに指示した記憶もないのに、勝手に電話が発信されていたとしたら、それはソフトウェアのバグが原因です。

9to5Googleが検証したところ、スタッフのスマホの1台でこの問題を再現することができました。何台かのPixel 6では再現しなかったようですが、少なくとも1台のPixel 6 Proでは、繰り返しこのバグが観察されました。

Video: YouTube

この問題を解決する方法

この謎のバグを手っ取り早く解決する方法は、スマホの再起動です。9to5Googleによると、Pixel 6または6 ProのGoogleアシスタントが連絡先リストにランダムに電話をかけるのを止めさせるには、とりあえず再起動するのが有効だということです。

いつまたこのバグが再現するかわかりませんが、少なくとも、スマホの電源を入れ直してからしばらくは大丈夫でしょう。

一時的な解決ではなく、より永続的な解決策を望んでいるなら、ロック中はGoogleアシスタントを無効にするのも手です。

ロック中はアシスタントの機能が使えなくなるというデメリットがありますが、それで友人や知人に勝手に電話がかかってしまうのを防ぐことができます。

スマホのロック中にGoogleアシスタントを無効にするには、Googleアプリを開き、プロフィールを選択し、[設定]をタップします。次に、[Googleアシスタント]>[ロック画面]の順に選択し、[ロック画面でのアシスタントの使用を許可する]をオフにします。

幸いなことに、永遠にこの問題に悩まされるわけではありません。Googleはすでにこの問題を認識しており、解決に取り組んでいるとのことです。

米Lifehackerでも、今後の状況を見守りながら、新しい情報があればお伝えするつもりです。それまでは、新しいソフトウェア・アップデートが配布されるかもしれないので、スマートフォンの設定アプリを常にチェックしておきましょう。

Source: 9to5Google

Video: YouTube