2021年10月12日の記事を再掲載しています。


草刈りって面倒くさいですよね。しかし、この面倒で厄介なことを、簡単に手軽に変えてくれるプロダクトが登場しました。それは現在姉妹サイトmachi-yaにてクラウドファンディングに挑戦しているアメリカ仕込みのガーデニングツールSKIDGER(スキッジャー)」。

今回、「SKIDGER」を借りることができたので、その実力を確かめてみましたよ。

地面に沿ったデザインの両刃で爽快に除草!

505F1DDA-AD61-4246-AFB6-96E9416B3DAD
Photo: 山田洋路

鋭い両刃を備えた「スキッジャー」。地面を前後に滑らすことで、伸び放題だった雑草を効率よく刈り取れます。草抜きのようにしゃがんでちまちまやるんではなく、立ったまま豪快な動きで除草が可能。掃除機をかけるように、たいして力も入れずに作業できました。

3CED3EF1-A02E-4FC5-AB43-24B6B87BA084
Photo: 山田洋路

ものの5分で刈り取った草が山のように! キレイになった草地を見て爽快感が味わえましたよ!

スコップのような使い方も

64FCAAA2-A8B8-43A1-9809-3BA710589B66
Photo: 山田洋路

伸びた雑草を短く刈り取るのがメインですが、スコップのような形をした先端をうまく使い地面を掘り起こすことも。こちらは少しコツと力がいりますが、根元からの除草が可能になります。

BCB0B3B6-FC80-4580-8397-12F2D3D0D709
Photo: 山田洋路

グラスファイバーの含まれた柄はかなりしっかりしていて、力をかけてもしなることもありませんでした。グリップを持つと握りやすく、先まで効率的に力が伝わります。

フットワーク軽く除草できる

771A1F16-73E8-4DE4-B2C0-D0CBE791AEBE
Photo: 山田洋路

研ぎ澄まされたV字ブレードのおかげで、軽々と草が刈り進められます。反面、扱いには注意が必要。「スキッジャー」には専用カバーが付いており、カバーをしたうえでブレード部分を下にして保管するといいみたいです。

BD408144-68CC-4F12-AA3B-6899BEBEB80B
Photo: 山田洋路

保管や扱いにはちょっとした慎重さが要るとはいえ、電動草刈機や除草剤と比べても断然手軽。ストレス解消にもなり、まめな草刈りが促進されそうです。


アメリカ仕込みのガーデニングツール「スキッジャー」は、現在machi-yaにて支援受付中。執筆時点では、一般販売予定価格の8%OFF、9,917円(消費税・送料込み)の支援コースが選択可能となっていました。これ1本あれば庭のお手入れが楽に。除草に労力をかけていた方、面倒でなかなか手が付けられない方にとっての救世主となってくれそうです。

プロダクトの詳細については、以下のWebページでチェックしてみてください。

>>「アメリカ発」雑草スキッジャー、鋭く突き出たV字ブレードがキレを生み除草力向上

Photo: 山田洋路

Source: machi-ya