食欲の秋、芸術の秋、読書の秋…勉強の秋!

普段から英語学習を頑張っている人も、これからはじめようとしている人も、今回ご紹介するヒントを参考にして、勉強を効果的に進めてみましょう。

英語学習に役立つChrome拡張機能も一緒にご紹介していきます。

1. 「復習」を重視する

教材を何冊もこなすのではなく、1冊の本を繰り返し復習するほうが身につくようです。人間は忘れる生き物だ、ということを前提に勉強するのが結果的に近道かも。

何歳から始めても身につく、英語勉強法「7つの鉄則」とは?

何歳から始めても身につく、英語勉強法「7つの鉄則」とは?

▼記事で紹介されている本の購入はこちら▼

2. 語源の理解で暗記速度UP!

例えば、coauthor(共著者)という単語は、“共に”という意味の接頭辞「co」と“著者”という意味の「author」が組み合わされています。

こうした接頭辞や接尾辞と呼ばれる単語のパーツを理解することで、暗記の速度がグングン上がっていく、というわけです。

英単語を効率的に覚えるには「語源」の理解が早道である

英単語を効率的に覚えるには「語源」の理解が早道である

▼記事で紹介されている本の購入はこちら▼

3. 「勉強する」という意識を捨ててみよう

赤ちゃんはまわりの大人が話す言葉を「聞いて」、言葉を覚えていきます。

これを手本にして、洋楽や映画などの英語を「頭にグングンしみ込んでいくようなイメージ」で聞いてみましょう。

身構えず、自然と単語を拾って意味がわかる状態を目指しましょう。

英語が話せるようになるための近道は、「洋楽」をフルに活用すること

英語が話せるようになるための近道は、「洋楽」をフルに活用すること

▼記事で紹介されている本の購入はこちら▼

4. 多読をするなら、専用の教材がおすすめ

一般的な洋書では、基本的な単語が繰り返し使われることが頻繁にあります。

したがって、語彙や文法の強化にはつながりにくいのです。多読の効果を最大限得るために、多読用の教材や専門書を使いましょう。

多読は、英語学習には不向き? 英語力が伸びる効果的なリーディング法とは

多読は、英語学習には不向き? 英語力が伸びる効果的なリーディング法とは

おすすめ拡張機能1:Netflixユーザーにピッタリ「Mate」

英語字幕をクリックするだけで意味や発音がわかるので、映画を見ながら語彙を増やすことができます。

単語を調べる手間が省けるのは嬉しいですね。

Netflixで外国語が学べる、Chrome拡張機能「Mate」|リスニング以外に単語もカバー

Netflixで外国語が学べる、Chrome拡張機能「Mate」|リスニング以外に単語もカバー

おすすめ拡張機能2:自作の辞書を作れる「Burning Vocabulary」

単語を選択しクリックするだけで、単語をコレクションできます。寝る前に今日覚えた単語を復習する、というのも管理しやすくなりそうです。

英語学習の効率を高めるChrome拡張機能【今日のライフハックツール】

英語学習の効率を高めるChrome拡張機能【今日のライフハックツール】

11月、ライフハッカーでは特集「『学ぶ』に勝る投資なし」がスタートします。専門家の皆さんに取材し、最新の学び方についてさまざまな角度からご紹介します。お楽しみに!