ノートも作成できるオールインワンツールNotionを、すでにメインのメモ帳として活用している方も多いはずです。

Notionの公式スマホアプリからでもメモはとれますが、たくさんあるページの中から、1つを選択するあいだに思い浮かんだアイデアが逃げてしまった経験はないでしょうか?

アイデアや覚え書きなどを瞬時に書き留めるのなら、アプリを開いてすぐに入力ページが表れるほうが効率的かもしれません。

こうした観点から、Notionをメモ帳として利用するのに必須ともいえるツールが『Fast Notion』です。設定方法と使い方を簡単にご紹介していきます。

アプリでメモすると即座にNotionページに追記される

FastNotion
GIF: 山田洋路 via Fast Notion, Notion

『Fast Notion』では、あらかじめ紐づけておいたNotionページにどんどんメモを追加していけます。

無料プランでは「TEXTモード」と「TODOモード」が利用できて、メモして送信ボタンを押すとすぐにNotionページに反映されるのが気持ちいいです。

加えて広告が表示されないプロプランでは、データベースにメモを追加できる「DBモード」も用意されています。

Notion側の事前準備

FastNotion-1
Screenshot: 山田洋路 via Fast Notion

アプリをダウンロードしたら、まずNotionページを紐づけておく必要があります。そのやり方をみていきましょう。

日本語化されていて画面操作もしやすいブラウザ上で初期設定を進めます。

メモに使用するNotionページを決めたら(新規作成しておいてもOK)、まずは外部アプリを連携するためのアカウントの情報(トークン)と、Notionページの情報(ページID)の準備です。

FastNotion(1)
Screenshot: 山田洋路 via Notion

トークンは「私のインテグレーション」ページにアクセスし、「新しいインテグレーション」ボタンを押してインテグレーション作成を開始

FastNotion(3)
Screenshot: 山田洋路 via Notion

基本情報にはわかりやすい名前(ここではF-Notionとしました)を付けておきましょう。

送信」ボタンを押せばトークンが発行され、確認画面に遷移します。

FastNotion-2
Screenshot: 山田洋路 via Fast Notion

デフォルトでは伏せ字で読めないようになっているので、「表示」してからコピーします。

FastNotion(5)
Screenshot: 山田洋路 via Notion

ページIDは、メモに使用するNotionページのURL、末尾32桁の英数字羅列になります。メニューの「リンクをコピー」などでURLをコピーして抜き出しておきましょう。

FastNotion-1
GIF: 山田洋路 via Notion

もう1つ、このNotionページの編集権限をインテグレーションに与えてあげる必要があります

共有」ボタンを押して「招待」。インテグレーションの選択覧から先ほど作成したインテグレーション名を選択すればOKです。

アプリ側の初期設定

@3FastNotion-1(2)
Screenshot: 山田洋路 via Fast Notion

ここまでで、Notion側の事前準備が整いました。あとは、今取得したトークンとページIDをアプリの設定覧に貼り付けるだけです。

『Fast Notion』を開いたら、「まずはじめに、ページ設定を行いましょう」からページ設定画面に。

@3FastNotion-1(5)
Screenshot: 山田洋路 via Fast Notion

パソコンとスマホからアクセスできるメモアプリ(NotionやiCloudのメモなど)を介して、2つの情報を貼り付けておきましょう

ラベル覧がトップページに表示される選択項目になるので、識別しやすい名前の入力を忘れずに

このほかページ設定画面では、「TEXT」、「TODO」といった投稿モードを設定することができます。

@3FastNotion-1(6)
Screenshot: 山田洋路 via Fast Notion

ちなみに無料プランでは、2つまでNotionページを紐づけ可能でした!

シンプルこそ最強!

FastNotion(7)
Screenshot: 山田洋路 via Notion

初期設定さえ済めば、あとは直感的に扱えます。アプリを開いて即座に入力開始できますので、スマホからNotionページにメモを残していくのに最適だと感じました。

Fast Notionは、公式サイトからダウンロードできて、iOS版Android版があります。

広告が表示される無料プランでも十分使えますが、無制限にNotionページを登録したい方などには月額200円のプロプランがおすすめです。

>> そのほかの「Notion活用術」を読む

▼あわせて読みたい

Notionやウェブページからフラッシュカードが作れるChrome拡張機能|勉強効率化【今日のライフハックツール】

Notionやウェブページからフラッシュカードが作れるChrome拡張機能|勉強効率化【今日のライフハックツール】

話題の万能アプリ『Notion』でシンプルな日記ページをつくってみた【今日のライフハックツール】

話題の万能アプリ『Notion』でシンプルな日記ページをつくってみた【今日のライフハックツール】

タスクの優先順位付けで利用したいフレームワークとツール3選【今日のライフハックツール】

タスクの優先順位付けで利用したいフレームワークとツール3選【今日のライフハックツール】

Source: Fast Notion, Notion login, Apple Store, Google Play