iPhoneの「リマインダー」は、To Doリストを管理するシンプルなアプリです。けれども一度使い始めると、OSと巧みに一体化された強力なアプリだということを実感するでしょう。

たとえば、Siriとは特にうまく連動しています。大部分のユーザーにとって、「リマインダー」は十分すぎるアプリなので、「Todoist」や「TickTick」のようなサードパーティーのものを使う必要はありません。

ただし「リマインダー」には、「タグ」「スマートリスト」という2つの重要な機能が欠けていました。iOS 15への更新で、Appleはこの2つに対応しています

これは大きな変更です。タグが使えれば、単なるリストでは不可能な「タスクのソート」が、ある程度自由にできるようになるからです。

1つのタスクに複数のタグをつけられるため、そのタスクは複数リストに同時に表示されるようになります。

また、複数のタグをキーにして、タスクをフィルタリングしたスマートリストも作成できます

では、使い方を説明しましょう。

iPhoneとiPadの「リマインダー」で、タスクにタグをつけるには

「リマインダー」でタスクにタグをつけるのは、これ以上ないほど簡単です。まずはiPhoneかiPadで「リマインダー」のアプリを開き、リマインドするタスクを追加したいリストを選びます。

空欄をタップして、新しいタスクを入力してください。

「リマインダー」でタスクにタグをつける-1
Image: Khamosh Pathak

リマインドするタスクを入力したら、キーボード上のツールバーにある「♯」をタップします。

すると、タスクの下に、タグを入力する新しいエリアが表示されるので、そのタスクにつけるタグを入力してください。

存在しないタグの場合は、「リマインダー」が新しいタグを作成してくれます。1つのタスクに複数のタグをつくることができます。

タグをつけ終わったら、「完了」をタップして、入力した項目を保存しましょう。

タグをつけたタスクを見つけるには

リマインドするいくつかのタスクにタグをつけたのはいいけれど、そのタスクを見つけられなければ役に立ちません。

「リマインダー」には、タグを表示する欄がありますが、リストの数が多いと、その欄は隠れてしまって見えません。

iPhoneかiPadで「リマインダー」を開き、メイン画面から下へスクロールしてください

そうすると、「タグ」という欄が見えてきます。「タグ」の右隣にある下向きの矢印をタップすれば、タグがすべて表示されます。

タグをつけたタスクを見つける
Image: Khamosh Pathak

「すべてのタグ」を選択すると、タグのついたすべてのタスクを見ることができます。または、タグを1つ選択すれば、そのタグに関係付けられたすべてのタスクが表示されます。

タグをキーにしてスマートリストをつくるには

リマインドしたい重要なタスクすべてにタグをつけたら、今度はスマートリストを作成しましょう。

ここで使われるのが、リストを自動作成する優れた機能です。スマートリストを使うと、複数の条件に合ったリストをつくることができます。

たとえば、「日曜が期限」や「フラグ付き」など、3つのタグに合致するタスクを抽出できます。スマートリストでできることはたくさんありますが、ここではタグに注目したいと思います。

「リマインダー」を開いて「リストを追加」をタップします。リスト名を入力したら、「スマートリストに変換」を選びます。

タグをキーにしてスマートリストを作る
Image: Khamosh Pathak

次に、リストに適用したいタグを選択します。「その他のフィルタ」からは、「日付」「時間帯」「場所」「フラグ」「優先順位」などのフィルタを選ぶことができます。

フィルタをカスタマイズしたら、「完了」を2回タップして、リストを保存してください。

リストに適用したいタグを選択
Image: Khamosh Pathak

これで、複数のタグでタスクをフィルタリングしたスマートリストができました(スマートリストには、歯車のアイコンがついています)。

タグを削除するには

「リマインダー」には、直接タグを削除する方法がありません

タグが要らなくなったら、そのタグに関係付けられたすべてのタスクを削除するか、または、そのタグに関係付けられたすべてのタスクのタグ付けを、手動で解除しなければなりません