毎日ジメジメとした日が続いていますね。

\ Amazonブラックフライデー開催中 /

ライフハッカー読者が買ったものTOP3

  1. バッファロー 外付けSSD 1TB
    バッファロー 外付けSSD 1TB
    ¥14,379¥9,330
  2. Fire TV Stick 4K Max
    Fire TV Stick 4K Max
    ¥6,980¥3,480
  3. Anker Nano II 65W
    Anker Nano II 65W
    ¥4,490¥3,592

梅雨だから仕方ないとはいえ、エアコンを除湿モードのまま点けっぱなしにするのも気が引けます。

今回紹介するのは、Kindleなどでおなじみの電子インクを採用し、圧倒的な見やすさが特長の『Homidy 温湿度計』です。

一般的なデジタル表示の温湿度計は真正面から見るときれいに見えますが、机に置いて斜め上から見たり、高温下では表示が薄くなったりして見づらくなってしまいます。

こういった角度や環境からの影響をほとんど受けることなく、遠くからでもはっきりきれいに見える特長を持つのが、電子インクと呼ばれる表示方式なのです。

電子インクが圧倒的に見やすい!

IMGP8229
Photo: hiro.

この製品では30秒に1度画面を書き換えているのですが、電子インクの特性上、バッテリーが消費されるのはその一瞬だけ

公称値では1年間バッテリー交換の必要がなく、電池自体も手に入りやすいCR2032ボタン電池なので電池切れに悩むこともないでしょう。

また、温湿度計自体の精度も高く、内蔵センサーにより温度では誤差0.3度以内、湿度では3%以内の高精度を誇ります。

温度は0~60度、湿度は0~100%までの測定が可能なので、一般的な屋内使用では必要十分ですね。

顔の表情で快適度がすぐ分かる工夫も

面白いのは快適度を6段階のフェースマークで表現しているところ。

寒すぎたり乾燥しすぎていると残念そうな表情の顔が表示され、快適になるにつれ笑顔になっていくので、表情を見ているだけでも楽しい気分になります。

Amazon
Image: Amazon.co.jp

商品には専用の置きスタンドのほか、マグネットや両面テープも付属しているので、冷蔵庫の扉にくっつけたり、見やすい位置へ貼り付けることも可能です。

コロンとしたかわいらしい姿はシンプルで好感がもてますが、それもそのはず。

ドイツの権威あるデザインアワードで、レッド・ドット・デザイン賞を受賞しています。

温湿度計というと質実剛健な道具としての造形が多いものですが、この製品はモノとして所有する喜びも感じさせてくれるのではないでしょうか。

温度や湿度をこまめにチェックし、夏本番に備えてみませんか?

\ Amazonブラックフライデー開催中 /

ライフハッカー読者が買ったものTOP3

  1. バッファロー 外付けSSD 1TB
    バッファロー 外付けSSD 1TB
    ¥14,379¥9,330
  2. Fire TV Stick 4K Max
    Fire TV Stick 4K Max
    ¥6,980¥3,480
  3. Anker Nano II 65W
    Anker Nano II 65W
    ¥4,490¥3,592