飛行機をよく利用する人は、持ち物を航空会社に預けることが多いでしょう。そして、「お客様のお荷物は行方不明です」と言われることにならないかとハラハラしているのではないでしょうか。

もちろん、荷物の紛失は空の旅にはつきものであり、そのリスクは誰もが想定しているはずです。

でも、AirTagがあれば、その不安は解消されます。

AirTagで荷物を追跡する方法

AirTagは、持ち物を上手に追跡してくれて、「探す(Find My)」ネットワーク上のあらゆるデバイス、つまりインターネットに接続されているほぼすべてのAppleデバイスと通信できます。

AirTagがほかのiPhoneのそばを通ると、そのiPhoneがAirTagの位置情報を更新するので、「探す」機能があるAppleデバイスを所有している誰かが、あなたのAirTagや、AirTagを仕込んであるカバンなどを盗むと、その泥棒は事実上、自分自身を追跡していることになります。

AirTagは、空港で荷物を追跡したいときも大活躍。

AirTagの位置情報は必ずしもリアルタイムではありませんが、スーツケースに1つ入れておけば、手荷物受取所で荷物を待っている間、その荷物がどこにあるのかおおよそ把握できます。

また、手荷物の受け取りでよくある「すり替え」も、AirTagがあると防げます。誰かがあなたのバッグを見て、「おや、あれは私のカバンかも」と思って持ち去ると、カバンが移動していることを「探す」アプリで確認できますし、カバンが移動している間も監視できます。

本当にあったAirTagの話

最近はAirTagをこのように使用している人が増えています。AppleInsiderが報じているように、Valerie Syzbalaさんはユナイテッド航空を利用した際に「カバンが行方不明になった」体験をツイートして、拡散されました。

ユナイテッド航空は、Valerieさんのカバンは配送センターにあり、彼女の元に届けられると主張しましたが、SyzbalaさんはAirTagのおかげで、そのカバンは集合住宅にあることをはっきりと確認できました。

そのカバンはときどきマクドナルドやショッピングセンターなどの停留所に移動しますが、いつも同じ集合住宅に戻っていました。

結局、Syzbalaさんは(取材班と一緒に)その団地に行き、配送ドライバーと思われる人物に会い、カバンを返してもらったそうです。

ユナイテッド航空からは何の説明もなく、カバンの中のAirTagがカバンの位置を教えてくれなければ、Syzbalaさんがバッグを取り戻せたかどうかもわかりません。カバンをあけられた形跡はなかったものの、このような体験は控えめに言っても困惑の極みでした。


Szybalaさんの体験はめったにないことかもしれませんが、ありえないことではありません。どんな人の荷物も同じような状況に陥る可能性があります。

30ドルのAirTagを荷物の中に入れておけば、「カバンが届けられるのを黙って待て」という強気な航空会社から身を守ることができます(本当にカバンが届くかどうかわかりませんしね)。

Source: AppleInsider