歩くために設計されたシューズが欲しい。できれば実際に履いて選びたい。

そう思っていながら、なかなか買いに行けず、Amazonで購入したのが「メレルのウォーキングシューズJungle Moc2.0 AC+」です。

ウォーキングに街歩きに。多少の雨も気にならない

従来の「Jungle Moc」がバージョンアップしたモデルで、履いてみるとゴツさはなく、スリムなシルエットは街歩きにもピッタリ。アッパーのスエード素材には撥水加工が施されているので、多少の雨なら気にせず履けるというところも気に入りました。

左上より時計周りに、Navy、Espresso、Brindle、Bossanova、そしてBlackの全5色。
左上より時計周りに、Navy、Espresso、Brindle、Bossanova、そしてBlackの全5色。
Image: Amazon

長い移動や立ちっぱなしの取材にも履いていけたらいいなと思い、服を選ばないブラックにしましたが、カラバリが多いので色を選ぶのも楽しそう。

魅力は、なんといっても歩きやすいこと。ソールの厚みは2センチほどで、ヒール部分は約4センチ。程よい高さのソールでグリップ感があり、一歩一歩が踏み出しやすいです。

アッパーの左右2カ所にスリットが入っていて、靴べらなど使わなくてもスポンっと履けてラクチン。靴ひものないウォーキングシューズって、あったんですね。

サイズが不安なら、無料の試着サービスも使える

写真左:Blackのカラーでは目立たないが、ソール部分に「Vibram」のロゴが入っている。写真右:MERRELLのブランドロゴとソールに「AIR CUSHION」の文字が。
写真左:Blackのカラーでは目立たないが、ソール部分に「Vibram」のロゴが入っている。写真右:MERRELLのブランドロゴとソールに「AIR CUSHION」の文字が。
Image: Amazon

ラバーソールは、登山靴をルーツに持つ「ヴィブラム社」のものを採用。衝撃を吸収し、歩行を安定させるヴィブラム独自の「エアークッション」という技術で、着地時にかかとをカップ状に包み込むのだとか。たしかに、かかとが“包みこまれる”という感覚、ありますね。

長時間歩いてもまったく疲れを感じませんし、どこまでも歩いていけそうなぐらい。「疲れない靴」という選択肢を持ったおかげで、「今日は歩くだろうな」という日に何を履いて出かけようかと悩むことがなくなりました。

買ってよかった「Jungle Moc2.0 AC+」。誰にでもおすすめしたいけれど、靴は実際に履いて選びたいという気持ちもわかります。

もしアマゾンプライム会員なら、使いたいのがAmazonの「prime try before you buy」。プライム会員は誰でも無料で受けられるサービスで、該当するアイテムなら配達完了から最長7日間、無料試着が可能。

カラーは「Granite」。カーキやブラウン系のコーディネートにもしっくり。※メンズのカラバリはレディスとは異なります。
カラーは「Granite」。カーキやブラウン系のコーディネートにもしっくり。※メンズのカラバリはレディスとは異なります。

ちなみにパートナーが買ったのはこちらのグレー。甲高でサイズが心配だったため、前後2サイズを取り寄せて試していました。かなり気に入ったようで、1月3日から開催されるAmazon 初売りセールで、もう1足、色違いを買おうかなと言っています。

このシューズを買ったので、2023年は「たくさん歩く」を目標に掲げ、仕事のパフォーマンスアップと健康づくりに役立てたいと思っています。

>>「これ買ってよかった」アイテムをもっと見る

Source: Amazon / MERRELL