新たな年を迎え、今年はもっと貯蓄を増やせたらいいですよね。

家計を見直すには、年の区切りがついた今が絶好のタイミング。そこで今回は、新年に実践してみたい貯蓄術を5つ、ご紹介します。

「リス式」に口座を分ける

お金があると使ってしまう」という人におすすめな貯蓄術がこちら。

目的ごとに口座を分けることで、それぞれに必要な貯蓄を確保。さらに口座を分けておくことで、各目標に向けた進捗が確認しやすくなるメリットも。

以下の記事を参考に、まずは新しい口座を開設してみてはどうでしょう。

▼記事を読む

貯蓄術は「リス」から学ぼう。ポイントは複数の口座をつくること | ライフハッカー・ジャパン

貯蓄術は「リス」から学ぼう。ポイントは複数の口座をつくること | ライフハッカー・ジャパン

これまでの支出&これからの支出を見える化

貯蓄をするうえで、支出管理は非常に重要。

そこでまずは、「自分が何にお金を使っているか」をはっきり確認しましょう。そして次に、「これから何にお金を使うか」も明確化する必要があります。

必要なものを見える化することで、予算を把握するだけでなく、無駄な出費も抑えられます。

▼記事を読む

無意識の浪費を根絶。「価値あるお金の使い方かどうか?」を見分ける3つの軸 | ライフハッカー・ジャパン

無意識の浪費を根絶。「価値あるお金の使い方かどうか?」を見分ける3つの軸 | ライフハッカー・ジャパン

「50/20/30ルール」で予算を立てる

自分の収入にあった予算の比率を見定めるのは、なかなか難しいもの。

そこで参考になるのが「50/20/30ルール」。

固定費用に50%、貯金に20%、柔軟に使えるお金に30%、という割合で予算を組むことで、安定して貯蓄を増やしていくことができます。

詳しい内訳、予算の立て方については、こちらをチェックしてください。

▼記事を読む

家計管理は、50/20/30ルールを意識すると上手くいく | ライフハッカー・ジャパン

家計管理は、50/20/30ルールを意識すると上手くいく | ライフハッカー・ジャパン

衝動買いにルールを設ける

衝動買いは、必ずしも悪いことではないですが、気が向くままになんでも買っていたら、貯蓄など夢のまた夢。

そこで、自分の中で「衝動買いのルール」を設けましょう。

使っていい金額」「購入を検討する時間」などを明確に決めておくと、それを守って買い物をしている限りは、散財して後悔することはなくなります

ルール設定を考えるうえで、この記事が役に立つでしょう。

▼記事を読む

ちょっとの意識で変えられる、衝動買いを抑える5つの出費ルール | ライフハッカー・ジャパン

ちょっとの意識で変えられる、衝動買いを抑える5つの出費ルール | ライフハッカー・ジャパン

楽観主義者になる

意外な話ですが、研究結果によると、悲観的な人間よりも楽観的な人間のほうが「財務的健全性が7倍高い」ようです。

楽観的であれば、損失も学びの機会と捉え、長期的な貯蓄に生かすことができます。

新しい年をポジティブに迎えたほうが、貯蓄のうえでもメリットが多いですよ。

▼記事を読む

貯金をするために楽観的なマインドになろう | ライフハッカー・ジャパン

貯金をするために楽観的なマインドになろう | ライフハッカー・ジャパン

2023年は、はじまったばかり。目標と計画をしっかり立てて、得るものの多い年にしましょう。

親の貯金額知ってる?年末年始は老後資金の見直しチャンス〜お金を守り、貯金を増やす3ステップ | ライフハッカー・ジャパン

親の貯金額知ってる?年末年始は老後資金の見直しチャンス〜お金を守り、貯金を増やす3ステップ | ライフハッカー・ジャパン

収入が増えても貯金する額が増えない「ライフスタイル・クリープ」の罠とは? | ライフハッカー・ジャパン

収入が増えても貯金する額が増えない「ライフスタイル・クリープ」の罠とは? | ライフハッカー・ジャパン