iPhoneユーザーに人気のAirPods。ですが一方、Androidで音楽を聴いたり、通話をするのにAirPodsを使っている場合、使えない機能がいくつかあります

そのうちの1つが、AirPodsのバッテリー残量を自然に確認できないことです。

しかし、ご心配なく。今回は、AndroidでAirPodsのバッテリー残量を確認する簡単な方法をご紹介します。

「OpenPods」でAndroidでAirPodsのバッテリー残量を確認

AppleのAirPodsは、充電ケースにLEDが搭載されています。そのLEDライトで、AirPodsのバッテリー残量を確認することができます。

緑はフル充電されており、オレンジはフル充電されていないという意味です。

しかし、ご存知のように、これでは実際のバッテリー残量がわからないので、あまり使えるものではありません。ですから、専用のアプリが必要になります。

OpenPods」は、その専用アプリの1つ。Androidデバイスで、AirPodsのバッテリー残量を簡単に確認できます

「OpenPods」は、無料でオープンソースのアプリなので、ライセンスの関係で公式のPlayストアではなく、「F-Droid」のアプリストアから直接ダウンロードすることができます。

もしくは、「F-Droid」のWebサイトからAPKファイルをダウンロードし、Androidのサイドローディングアプリのガイド記事を読みつつ、手動でインストールすることもできます。

ダウンロードF-Droid(無料)

ダウンロードOpenPods(無料)

「OpenPods」の設定方法

「OpenPods」をスマホにインストールしたら、アプリを起動し、必要なアクセス認証を許可します。

「OpenPods」は最小化され、スマホのステータスバーにAirPodsのアイコンが表示されます。

通知パネルを引き出すと、「OpenPods」の通知が表示されます。この通知の下向きの矢印をタップして、通知を開きます

すると、接続されているAirPodsとそのバッテリー残量が表示されます。

AirPodsが充電ケースに入っておらず、充電ケースのフタが開いている場合は、AirPodsと充電ケース両方のバッテリー残量を表示します。一方、AirPodsが充電ケースに入っていないだけの場合は、左右のAirPodsのバッテリー残量だけを表示します。

Screenshot: MakeUseOf
Screenshot: MakeUseOf

最後に、AirPodsを充電ケースに戻し、フタを閉めていると、「OpenPods」はAirPodsが接続されていないことを理解し、バッテリーの状態を表示しません。

しかし、充電ケースのフタを開けてAirPodsをスマホに接続した瞬間、アプリはAirPodsが接続されたことを認識し、またバッテリー残量を表示します。

もちろん、これはAirPodsが接続していない時も、「OpenPods」はバックグラウンドで動作し続けており、バッテリーを消耗しているということです。

しかし、「OpenPods」にはバッテリーを節約するオプションがあり、アプリの設定からアクセスできるので、バッテリーの消耗が早いと感じた場合は、このオプションを有効にしましょう。

Screenshot: MakeUseOf
Screenshot: MakeUseOf

AndroidでAirPodsのバッテリー残量が簡単にわかる

「OpenPods」を使えば、AndroidでAirPodsのバッテリー残量がとても簡単にチェック可能。

AirPodsの充電がいつ切れるかを簡単に把握できるので、必要な時にすぐに使えるように充電して備えることができます。

AirPods Proを初めて買った「骨伝導イヤホン派」が気づいたメリット・デメリット | ライフハッカー・ジャパン

AirPods Proを初めて買った「骨伝導イヤホン派」が気づいたメリット・デメリット | ライフハッカー・ジャパン

Androidスマホが遅くなっていませんか?スピードアップさせる7つの方法 | ライフハッカー・ジャパン

Androidスマホが遅くなっていませんか?スピードアップさせる7つの方法 | ライフハッカー・ジャパン

Source: F-Droid(1, 2)

Original Article: How to Check Your AirPods Battery on Android by MakeUseOf