マップアプリの充実に期待大。

Appleはお店や企業などのビジネスオーナー向けに、Appleマップで表示される企業情報、写真などをカスタマイズできる無料ツールApple Bussiness Connectを公開しました。

ビジネス情報開示をカスタマイズ

Googleマップで実装されているビジネスプロフィールのApple版と言えるApple Business Connect」。

管理者の情報は、Appleマップ上に掲載されます。そうして登録された経路電話番号ウェブサイトなどの情報はユーザーのSiriウォレットメッセージと連携します

さらにはユーザーに対して期間限定商品を通知したり、予約や配達の注文などのアクションを含むことが可能です。

Image: Apple
Image: Apple

Apple Business Connectへの登録は、既存のApple IDを使用するか、新たにApple IDを作成します。ログインはこちらからどうぞ。

Appleがビジネスを確認後、住所を申請し、登録は完了です。これでロケーションの更新や設定を行なうことができます。

複数の拠点を持っているビジネスオーナー向けには、Business Connect APIが提供されているので、簡単に最新の複数拠点をマップへ登録が可能です。

インサイト情報も提供

Image: Apple
Image: Apple

Appleが提供するインサイト情報で、検索量やルートページにたどり着く前に検索したことなどを知ることができ、ビジネス成長をアシストしてくれます。

ビジネスを包括的にサポートするサービス、Business Essential」も提供しています。Business Connectはその導入の一歩目としての位置付けがありそうですね。

今回のリリースによって、Googleマップ一強の牙城が崩れるのかに注目です。

執筆:宮城圭介

Source: Apple Business Connect, Apple Business Essentials

ギズモードジャパンより転載(2023.1.22公開記事)