iPhoneのアップデートは煩わしいものです。

そこで、アップデートをスケジューリングできたらいいと思いませんか? そう、「求めよ、さらば与えられん」です。

実は、ソフトウェア・アップデートをスケジューリングするためのオプションは、もともと全機種に搭載されています。どういうわけかAppleは、それを隠しているのです。

アップデートをスケジューリングする方法

スケジューリングの隠れオプションが表示されるのは、新しいアップデートが利用可能なときだけです。アップデートが配信されたら、「設定」「一般」「ソフトウェア・アップデート」の順に選び、「ダウンロードしてインストール」ボタンを探してください。

見つかったら、それをタップせずに長押ししてください。どこからともなく、2つの選択肢からなるメニューが表示されます。

ダウンロードのみ:このオプションをタップすると、アップデートがiPhoneにダウンロードされますが、インストールはされません。

ダウンロードして夜間にインストール:これがスケジューリングのオプションです! このボタンをタップすると、今夜アップデートをインストールするように設定できます。

Appleがなぜこのメニューを隠しているのか、理解に苦しみます。そうすることで、多くのユーザーにできるだけ早くダウンロードおよびインストールをしてほしいからでしょうか。

それよりも。スケジューリングのオプションを提示してくれるほうが、私たちのためになると筆者は思うのです。

日中の起きている時間、すなわちiPhoneを使っているであろう時間帯にアップデートをインストールするのは、決していい気がしませんよね。