先日、自宅で愛用していたオフィスチェアが壊れました。仕事中はずっと座っていたものなので、すぐにでも新しいチェアを用意する必要が出てきたのです。

筆者は家具選びにおいて、どちらかと言えばコストパフォーマンスに重きをおくタイプなので、今回もまたAmazonで適当な製品を見つけて買おうと思っていました。

そんなとき、はたと脳裏によぎったのが「一度はアーロンチェア(人間工学に基づき、人体の運動理論に基づいて設計された、ハーマンミラーの高機能ワークチェア)に座ってみたい」という思い。

しかし、新品ではとても買えない価格です(20万円前後)。このときふと思い出したのが、知人のこんな言葉でした。

「コロナ禍になってから、オフィスを畳む会社がたくさん出てきて、その影響で中古のオフィスチェアが大量に市場に出回っている

ならばと、ネット上の中古販売店で探してみることにしたのです。

今回は「中古の高級チェアを購入してみたら、ことのほか満足度が高かった」話をご紹介します。

中古なら「定価10万円オーバーの高級チェア」が視野に入る!

肝心のアーロンチェアはすぐに見つかりました。友人から聞いていた通り、結構な数が売られています。

しかし、定価20万円超えのチェアは、中古といえどもそれなりの価格。下は5万円から、上は11万円といったところでしょうか。

それに加えて大型荷物の送料が加算されますから、おいそれと買える金額ではありません。

ガックリと肩を落としつつもページを眺めていると、アーロンチェアほどではないものの、高級チェアとして有名な製品がいくつか目に止まりました。

ハーマンミラーは無理でも、オカムラなら買えるかもしれない

そう感じた筆者は、今度はオカムラのバロンチェア(アーロンチェア同様、人間工学に基づいて設計された高級オフィスチェア)を調べてみることにしました。

Screenshot: hiro. via オフィスバスターズ
Screenshot: hiro. via オフィスバスターズ

バロンチェアも立派な高級チェアです。定価では15万円から20万円ほどする製品なのですが、国産ということもあってか、出回っている数がアーロンチェアよりはるかに多く、中古価格にも結構な幅があることが分かりました。

そしてしばらく探していると、大量入荷に伴う在庫処分品を発見。バロンチェアのローバック、可動肘掛け付きのモデルがなんと1万円以下で売られているではありませんか!

定価では15万円のモデルが何故ここまで安く売られているのか…目を皿のようにして商品情報をチェックしましたが、「メッシュ生地に落ちない汚れがある」ということ以外は特に問題のない商品に見えます。

ここで見つけたのも何かの縁と思い、購入してみることに。大型商品なので、それなりの送料が掛かってしまいますが、それでも十分に安い金額です。

発送前に簡易クリーニングをしてくれるそうで、到着までには10日ほどかかりました。ちなみに今回購入したのは、中古オフィス家具販売で有名な「オフィスバスターズ」さんでした。

座り心地や機能性、寿命の長さを考慮すれば中古高級チェアはコスパ最高

そして、待ちに待った商品到着の日。引越便の扱いで届いたようで、巨大な段ボール箱を作業員二人がかりで運んできてくれました。

商品はエアパッキンに包まれており、更に段ボールで保護されていたので、輸送中のトラブルに見舞われるケースは少なそうな印象を受けました。

そして設置。ありとあらゆる角度から状態をチェックしてみましたが、小キズや経年劣化はあっても汚れは見当たりません。ガスシリンダーもきちんと動作しますし、リクライニングや可動肘掛けにも問題はありませんでした。

Photo: hiro.
Photo: hiro.

高級チェアは一般的に製品寿命が長いと言われています。物によっては10年保証のような長期のアフターサービスを提供している製品もあり、大事に扱っていれば長持ちするのだそうです。

今回私が購入したチェアは、たまたま当たりの放出品を引いたのかもしれませんが、ボリュームゾーンとなる価格帯(3~5万円ほど)で同程度の状態だったとしても「アリ」だと思えます。

Photo: hiro.
Photo: hiro.

多少の使用感や小キズが付いているだけで定価から10万円引きで購入できるのなら、少なくとも私は今後も中古を選ぶと思います。

思えば、自動車を買うときは中古車という選択は普通。それどころか、一部の輸入車は中古車のほうが断然コストパフォーマンスが良くなり、新車では買わない人もいると聞きます。

それなりの状態のものを、もとの価格から考えれば超格安で買えるというのは、考え方によってはそれこそバーゲンプライスだと思えるのです。

新品には新品の良さがあり、中古には中古の魅力がある

Photo: hiro.
Photo: hiro.

今回は偶然セール品を見つけて、相場よりかなり安く買うことができました。ですが、セール品でなくとも、製品寿命の長さを考えれば中古高級チェアはお買い得です。

もちろん、新品で購入すれば傷一つない製品が手に入りますし、製造元の手厚い長期保証の恩恵にもあずかれるので、どちらが良いとは一概には言えません。しかし、少なくとも中古も検討材料には入れるべきと感じました。

疲労感が劇的に軽減。足りないパーツは代替品で対応も

そんなこんなで、当初のお目当てだったアーロンチェアは次の機会に回しましたが、価格を思えば十二分に高級・高機能なバロンチェアを手に入れることができました。

本当はヘッドレストが付いたモデルが良かったとか、小さな思い残しはありますが、いざとなれば汎用品のヘッドレストもありますし、大径キャスターに交換することもできます。

これまで買ってきた低価格なチェアと比べれば、疲労感が桁違いに軽減されましたし、この先、自分好みにカスタムすることもできます。

たかがチェアと思うなかれ、在宅ワーカーにとって仕事デスクの椅子は1日の大部分を過ごす場所だけに、高品質なものに変えるのは効果絶大なのです。

今回紹介した中古での購入もそうですし、企業のように個人でもリース契約が結べるケースも探せばあるかもしれません。高級品を手に入れたいときは、選択肢を広げて考えることの重要性を感じました。

Source: オフィスバスターズ