認知心理学に臨床心理学、犯罪心理学…。「学」という字がつくからか、「心理学」にはどこか難しそうな印象がつきまといます。

しかし「心のしくみを解き明かす学問」というと、ちょっと興味が湧きますね。心理学は目に見えない人の心のしくみを知る手段。ライフハッカーでも「心理テスト」は人気のコンテンツです。

今回は知識ゼロでも楽しく読める! 心理学』(西東社)をもとに、ビジネスに生かせる心理学のヒントを紹介します。

明日話したくなる心理テスト4つ

Q.1白い紙に、1本の木を心の中に思い浮かべて描いてください。

まずご紹介するのは「バウム・テスト」と呼ばれる心理テスト。描いた木にはその人の心理が投影されるのだそうです。ぜひ診断結果を見る前に、自分だったらどんな木を描くか、思い浮かべてみてください。

<診断結果>

画面いっぱいに大きな木を描いた人
→積極的で、自己主張が強いタイプ

画面の4割以下の小さな木を描いた人
→消極的で、劣等感や不安が強いタイプ

大きな樹冠を描いた人
→大きな目標があり、自己評価が高いタイプ

葉を一枚一枚描いた人
→自分を飾りたく、承認欲求が強いタイプ

描いた枝が少ない人
→外界に心を閉ざし、孤独になりやすいタイプ

(『知識ゼロでも楽しく読める! 心理学』14〜15ページ)

描いた木の大きさは自我のバランスを、樹冠は外界との関わりを投影しているそうです。本書では、木の実や幹の太さが示すタイプも紹介しています。

Q.2 仕事関係の人との距離は、どのくらいとるべき?

他人に立ち入られると不快に感じる距離を「パーソナル・スペース(個人空間)」といい、相手との関係性によって変化することがわかっています。

個人差はありますが、恋人や家族は「密接距離」でも気になりませんし、友人レベルは 45〜120cmの「個体距離」が適切。3m以上はスピーチや授業などの複数の相手に話すときに適した「公衆距離」。

そして仕事関係の人との距離感に適しているのは、会話はできるけれど、手を伸ばしても届くか届かないぐらいの100cm程度の「社会距離」。

苦手な上司には近づきたくないかもしれませんが、100cmの距離まで歩み寄ってみましょうか…。

Q.3 一番売りたいランチを選ばせる最適な選択肢は?

人はものを選ぶとき、目安となるものを求めます。これを「アンカリング効果」というそうです。たとえば1,200円のランチを売りたい場合、1択だと高いのか安いのかがわかりにくいですね。

では、2択だとどうでしょう? 「900円と1,200円」「1,000円と1,200円」という価格設定にすると、客は900円、1,000円という価格を得だと感じ、1,200円のランチを敬遠します。逆に「1,200円と1,500円」だと「高級店で入りにくい」と思われやすいでしょう。

(『知識ゼロでも楽しく読める! 心理学』158ページ)

4択以上にすると、どれに決めていいか迷ってしまい、「買わない」という選択が増えるのだそうです。つまり、3つの選択肢を用意すべきということです。

「売りたいものは、真ん中に」と聞いたことがありますが、れっきとした心理学に基づくものだったのですね。

あくまでも「ランチ」は例であり、ビジネスパーソンなら営業したい商品や部下への仕事の割り振り、クライアントへの提案にも応用できるかもしれません。

Q.4 寝相でわかる性格診断

では最後に、ワールドカップで寝不足気味のみなさんに問題です。

深層心理は寝相にあらわれるのだそうです。明日の朝、目が覚めたときに自分がどんな姿勢で寝ていたか、ちょっと思い出してみてください。

<診断結果>

抱きつき型(布団や枕を脚にはさみこむ姿勢)
→理想家だが、欲求不満を抱えている状態

うつ伏せ型(完全にうつ伏せの状態)
→まじめで几帳面。やや自己中心的なタイプ

胎児型(横向きで、体全体を丸めた姿勢)
→警戒心が強く、防御的。閉じこもりがちなタイプ。

半胎児型(軽く膝を曲げた横向きの姿勢)
→バランスのとれた性格。社会に順応できるタイプ。

冬ごもり型(布団を頭からすっぽり包む)
→慎重で思慮深い性格。繊細で悩みやすい面も。

王様型(仰向けで手足をのばした姿勢)
→堂々とした自信家。不安やかくしごとがないタイプ。

(『知識ゼロでも楽しく読める! 心理学』192〜193ページ)

本書には「会議を有利に進める席順」といったビジネス心理学や、あおり運転をする人の心理、別れ話を逆転させる心理学的手法などの話が98も載っています。

ビジネスに生かすのはもちろん、会話のタネにもなりそうですね。ぜひ手にとってみてください。

Source: 西東社