この不安定な時代、突然会社が倒産したり、業界がシステムの変更に迫られたりすることもあります。

将来起こるかもしれない仕事や業界の危機に備えて計画を立てておくのも大事でしょう。

キャリアコーチであるAlaina Levineは、「American Physical Society」の最近のコラムでこのように書いていました。

キャリアの危機はいつでも誰にでも起こり得ます。そのせいでキャリアアップの計画が狂い、貴重なお金や時間が奪われたり、仕事を失う可能性もあります。

幅広い人脈を築くことが大事

Levineは、倒産や解雇、不安定な職場環境、業界全体の大きな変化など、どんな予期せぬ問題が起こっても、キャリア計画があれば乗り越えるられるとアドバイスしています。そのために大事なのが人脈です。

困難な時期に支え合い、失業しても成功するために隠れた能力を活かせるような、互いに有益な関係を構築し、活性化できます。

要するに、キャリアの危機は一人で乗り越える必要がないということです。様々な業界やキャリアの異なる段階にいる、幅広い仲間や人脈があることは、キャリアの成功には長期的なメリットがあると知られています。

キャリアの危機を乗り越える時にも同じことが言えます。互いに助け合える人とコミュニティを構築していると、不安定や不確かなことに直面しても、適応したり、成功したりすることがよくあります。

大事なのは、危機が起こる前に、事前に計画を立て、必要な時にいつでもそばにあるように強固なネットワークや人脈を築くことです。

問題をどのように解決するか計画を立てる

結局、キャリアの危機管理計画というのは、自分のキャリアを通して起こりうる、本当に大きくて困難な出来事が起こったときに、それを解決するのに欠かせない問題解決能力をきちんと身につけておくということです。そうすれば、軌道修正することができます。

Levineがアドバイスしているように、キャリアの危機に遭ったら、自分の能力を評価し、業界の現状を調べ、自分自身を売り込む方法を探し、自分の人脈やネットワークに連絡をして、解決法やチャンスがないかを見極めることで、合理的な方法で問題を解決したいと思うでしょう。

人脈づくりをするときは、自分のどのスキルが、組織の既存の問題を解決するのに役立つかを見極めましょう。そうすれば、自分も含め全員が得をする状況をつくることができます。

Source: APA, Alaina Levine