授業や会議において、ノートを取ることは重要です。話されたことを復習して記憶にとどめ、テストや仕事などで活かすためには、ノートが大切だから。

メモを取るのは簡単に思えますが、結構難しいものです。だってノートを見返してみると、余白に意味不明なことが書き込まれていたり、あるいは、書いた時には意味があったはずのたくさんの概念のつながりがまったくわからなくなっていたり…。

そこで今回は、より良いノートの取り方を学び、実績のある方法をたくさん知る第一歩として。「代表的なノート術」を5つ紹介するので、自分に合う方法を試してみてください。

今日のワークハック:情報の記憶・整理にベストな「ノート術」5つ

1. アウトライン・メソッド

これは、記号をつけたり、字下げ(インデント)したりして情報を整理する方法で、テネシー大学チャタヌーガ校(UTC)が紹介しているメソッドのひとつです。これは、理数系以外の授業に最も適しています。

Image: UTC
Image: UTC

ここで、知っておくべきことが2つあります。

  • 最も一般的な情報は、ノートの左側に沿って配置し、より具体的な事実のグループは、その下に字下げして記入する必要があります。
  • 一般的な情報と、具体的な事実との関係は、字下げによって明確にします(数字や文字やローマ数字は、二次的に使います)。

授業や会議で話を聞く時には、一般的な概念に注目し、それを用紙の左側に書きます。

その下には、裏付けや、関連する事実を記入するスペースを空けておきます。具体的な内容は、全体的な見出しの下に、やや右側に字下げして書き加えます。

左揃えと字下げのおかげで、下部に書かれた詳細へ視線を移す前に、主要なポイントを大まかに確認できます。

ただし、大きなデメリットは、授業中や会議の席で聞いた内容を分析して大きなテーマを引き出すには、かなり多くのことを考える必要がある点です。そのためUTCは、「講義のスピードが速すぎると、このシステムは使えない」と警告しています。

字下げ効果で、大事なポイントがすぐにわかる。

大テーマやキーワードを引き出すには考える必要があるため、スピードの早い講義のメモには向かない。

次のページ>>
ノートを3分割して、情報をまとめる「コーネル・メソッド」
1234