誰しも、押されると本当に腹が立つボタンというものが存在します。

いわゆる「痛いところ」をつかれると、特に強く反応してしまうのです。

近しい人はそのボタンに気づいていても、それ以外の知らない人は、意図せずしてそのボタンを押してしまうことも。

原因が誰であれ、何であれ、(たとえあなた個人の性格や行動を侮辱するつもりのものでなかったとしても)それを個人的に受け止めてしまうと、瞬間的な動揺では収まらず、怒りと苛立ちがいつまでも長引く可能性があります。

でも、何かにイライラしている状態では、時間が無駄になり、精神が消耗し、気分が左右され、潜在的なストレスが高まります

ですから、イライラすることはやめて、あなたの1日を(そして人生を)前に進めようじゃありませんか。

いつまでもイライラしない方法

他人の行動を変えることはできませんが、それによる影響を弱めることは可能です。

たとえ何かに一時的に動揺しても、いつまでもそのことにイライラして時間とエネルギーを浪費する必要はないのです。

そのための方法をいくつかご紹介しましょう。

立ち止まって原因を考える

イライラしはじめた自分に気づいたら、立ち止まって、その原因と理由を考えてみましょう

ストーリーを想像する

見知らぬ人が原因なら、その行動の背景を説明できるストーリーを考えます。急な車線変更で割り込んできたのは、もしかしたら病院に急いでいるところだったのかも、といった感じです。

三人称で考える

起きたこととの間に、心理的な距離を置いてみましょう。事態が明確になり、見通しが得られるかもしれません。


最後に覚えておいてください。

あなたを怒らせた犯人は、その出来事についておそらく何も考えていないでしょう。むしろ、自分の行為があなたを怒らせたことにすら気づいていないかもしれません

そのように考えられれば、起きたことすべてはあなた個人に向けられたものではないと思えるようになり、それについてイライラするサイクルを止めることができるでしょう。

誰も傷つけることなく、怒りの感情を健全に発散する方法 | ライフハッカー・ジャパン

誰も傷つけることなく、怒りの感情を健全に発散する方法 | ライフハッカー・ジャパン

「あ、キレそう」と思ったら即実行!怒りの感情「イライラ」をコントロールするコツ7つ | ライフハッカー・ジャパン

「あ、キレそう」と思ったら即実行!怒りの感情「イライラ」をコントロールするコツ7つ | ライフハッカー・ジャパン