Amazonブラックフライデー開催中!(12月1日23:59まで)

人類はパスワードから解放されるべき。

だってパスワードなんてものは忘れるし、ハックされて不正利用されるリスクもあるし、デジタル世界からパスワードの運用はなくなってほしい…!というわけで、各社の生体認証が進化しているわけで。

ニセ銀行サイトに指紋を入力することはできませんし、ダークウェブで自分の顔情報がダウンロードできるようになることはないはずで、ハッキングのリスクもかなり下がるはずですから。

パスワードレス化にはいくつかのアプローチがありますが、最新のiOS 16およびiOS 16.1アップデートで「パスキー」という技術が実装されました。パスキーは鍵ペアで構成され、一方の鍵は公開鍵としてログインするアプリやサイトに登録され、もうひとつの鍵は秘密鍵でデバイスに保存されるというものです。

これはApple(アップル)独自の仕組みというわけではなく、実はすでにほとんどのデジタルユーザーがパスキー技術(またはそれに近しいもの)を利用しています。

今回はiPhoneで利用可能になったパスキーに関する新機能と、さらにAndroidのパスキー情報も説明していきます。

iOSに導入された「パスキー」機能

iOSの場合、パスキーはiCloudキーチェーンから動作するので、まずはiPhoneでこれを有効にする必要があります(デバイス間でパスワードやその他データを同期するため)。また、必ずApple IDの2ファクタ認証を設定している必要があります。これらのステップが完了していて、最新のiOSがインストールされていれば、パスキーを利用する準備は万端。

実際にパスキーを使うには、パスキーをサポートしているアプリにサインインする(または新しいアカウントを作成する)必要があります。現状パスキーを利用できるアプリは少なく、PayPal、eBay、旅行アプリのKAYAK等はすでにパスキーのオプションが提供されていて、これらのアプリを通じてiPhoneから新規アカウントを作成したり既存のアカウントにサインインしたりすると、パスキーを作成するかどうか聞かれます。

KAYAKはすでにパスキーに対応しているアプリのひとつ
KAYAKはすでにパスキーに対応しているアプリのひとつ
Screenshot: KAYAK

パスキーの画面が表示されたら「続ける」をタップするだけ(もうひとつのオプション「別のデバイスに保存」は、共有のデバイスを使用しているとき等に選びます)。そしてFace IDかTouch IDが求められ、本人確認が完了したらこれでパスキーの作成は完了。今後はこのアプリにサインインする場合は、パスキーを使用することを確認し、再度Face IDかTouch IDで認証します。

iCloudキーチェーンは異なるデバイス間でもパスキーを同期できるので、例えひとつのデバイスでアクセスできなくなったとしても、認証情報をゲットすることができます。もしすべてのデバイスに同時にアクセスできなくなったとしても、情報を取り戻せるよう、しっかりリカバリープロセスも用意されています。理論上、このシステムはユーザーにとってより便利でより安全になっているはず…です。

Androidのパスキー機能

Androidのパスキーのサポートは若干iOSに遅れを取っていますが、それでも大差ありません。iOS同様、お気に入りのアプリ、サイト、デジタルサービス諸々がパスキー対応にアップデートされるまでには、もう少し時間がかかりそうです。Google(グーグル)によれば、AndroidとChromeのブラウザのベータ版で新機能としてサポートするようになったようで、今年末までにはリリース版にも実装されそうですよ。

パスキーの使い方が基本的にはiOSと同じ感じで、パスキーに対応したアプリやウェブサイトにサインインする(または新しいアカウントを作成する)と、パスキーを作成するかどうか聞かれる画面が表示され、ここから認証できれば、パスキー作成は完了です。

パスキーはAndroidとChromeでサポート
パスキーはAndroidとChromeでサポート
Screenshot: Google

サインインもほぼ同じ流れで行なわれます。パスキーとAndroid端末があれば、他のデバイスでもパスキー対応のアプリやWebサイトにサインインできます。これらのアプリやサイトにはQRコードが表示されるので、スマートフォンからQRコードを読み取ると、同じように認証プロセスが行われ、本人確認が完了すると他のデバイスにも同期されます。

Googleのパスワードマネージャーにもパスキーのサポートがいずれ追加される予定です。つまり暗号化されたログイン情報は、Googleアカウントが利用できるすべてのデバイスで同期されるようになります。

訳:mayumine

ギズモード・ジャパンより転載(2022.11.09)