それでも世界一のお金持ちの座は死守。

Tesla、SpaceX、TwitterのCEOであるイーロン・マスク。今年は総資産が1000億ドル約14兆2000億円ほど下がってしまうとされています。

しかし、たとえ14兆円下がっても、1700億ドル〜1820億ドルの間(25兆円くらい)の資産を持っていて、世界一のお金持ちをキープ。単位がすごすぎて実感が湧きません。

先週(11月21日週)はテスラの株が2年ぶりに大きく下がってしまったことで、たった1日で86億ドルを失ったそうです。

今後の資産はどうなる? Twitterの動向に注目

マスク氏はテスラの株を15%保持していますが、今月Twitter買収のために39億5000万ドル(約5750億円)を追加売却しています。

テスラ事業はマスク氏の大きな財源ですが、コロナ禍で中国での制限30万台のリコール原材料の上昇など、いろいろな要素により収益が減少しています。

さらにテック業界最大の買収額だったTwitterの買収、440億ドル(約6兆4000億円)も合わせて、今度Twitterがどうなっていくかというところですが、今のところは総資産は減っていきそうに思われます。

ちなみに現在、世界で2番目のお金持ちは総資産650億ドルでディオールのCEOベルナール・アルノーさんジェフ・ベゾスを抜いて2位なのですが、それでもマスク氏の1700億ドル〜1820億ドルの約半分くらいですね。マスク氏の資産額のすごさがよくわかります。

ランキングを下げたジェフ・ベゾスだけでなく、今年のテック業界はマーク・ザッカーバーグラリー・ペイジもかなり大きく資産を減らしています。

訳:岩田リョウコ / Source: Bloomberg

ギズモードジャパンより転載(2022.11.24公開記事)