ジムでは、マシンを使い終わったら拭くことが常識ですが、自宅ではそれをどの程度まじめに実行できているでしょうか?

ここでは、自宅で使用するパーソナルトレーニング用の器具を掃除する適切な頻度とその方法についてご説明します。

バーベルとダンベル

Origin Fitnessは、バーベルの拭き取りは月に2回で十分としています。バーベルのバーはブラシで磨き、汎用潤滑油を吸わせた雑巾をかけて一晩置き、朝、全体を拭き取ります。ダンベルも使うたびに、消毒液か石鹸水で拭きましょう。

持ち手が金属製の場合は、バーベルと同じ方法で対応してください。

ルームランナー

ルームランナーのモーター部分を毎月掃除した方がよいことはご存知でしょうか。

それができたら理想的ですが、The Home Gymは、四半期に1回行なうぐらいが現実的だとしています。

モーター部分の掃除をするときは、コンセントを抜いて、モーターからフックを外し、モーターの周りに掃除機をかけましょう。あとは、取扱説明書を確認して他にやることがないか確認してください。

取扱説明書によっては、掃除機の代わりに乾いた布を使うことをすすめていることもあります。

外側の掃除は、毎回使用後に濡れた布で拭いてください。また、月に1回ぐらいは、ベルトの下を水拭きしたり掃除機をかけるとよいでしょう。

ケトルベル

ウェルネス企業のVitalized Futureによるとケトルベルは週に2回、ぬるま湯と食器用洗剤で洗浄します。使用後は毎回マイクロファイバークロスで拭き、週に一度は持ち手の部分を中心に消毒スプレーをかけましょう。

エアロバイク

エアロバイクは今や、ビッグビジネスになりました。ですから掃除の仕方も知っておく必要があります。

自宅用トレーニング器具を製造しているSunny Healthによると、エアロバイクは、毎回使用後に汗や油を布で拭き取り、石鹸とぬるま湯を1:9の割合で混ぜた自家製の溶液でマシンを殺菌します。

自家製溶液はスプレーボトルに入れ、エアロバイクの身体が触れる部分にスプレーして、拭き取ります。

ヨガマットとジムマット

ヨガマットやフロアマットは使うたびに、石鹸と水、または市販のマットクリーナーでさっと拭きたいところですが、REIによるとそれだけでは不十分です。

月に一度は、ディープクリーニングが必要です。メーカーの説明書を確認してください。でも、ほとんどの場合、マットは洗濯機で洗えます

Source:REI, The Home Gym, Vitalized Future, Sunny Health, Origin Fitness