「自分は有能だし、いつも正しい決断を下している」。

私たちがいくらそう思っていても、心はあの手この手で私たちを欺いてきます。その手口の1つが「認知バイアス」です。

認知バイアスとは、いわば思考における系統誤差(systematic error:偶然による誤差ではない誤差)です。

この誤差は、脳が処理中の情報を単純化しようとする時に生じるもので、私たちが下す決断や判断に大きな影響を及ぼしうるものです。

Thinking 101: How to Reason Better to Live Better』の著者で、イェール大学で心理学を研究するWoo-Kyoung Ahn教授は先日、NPRにこう語りました。

私たちの祖先が生きていた時代なら、認知バイアスは、決断をすばやく下して生き延びるために役に立ったかもしれない。

しかし現代社会では、むしろ私たちの足を引っ張ることもある

もっとも「一般的」な認知バイアス

認知バイアスの種類は多岐に渡ります。

たとえば、「アンカリング効果」(あるトピックについて、自分が学んだ最初の事実に基づいて情報をカテゴリー分けする傾向)や、「ダニング=クルーガー効果」(自分自身の無能さを認識できないこと。もちろん、あなたではなく他人のことです)といったものがあります。

Ahn教授はまた、私たちの誰もが認知バイアスを抱くものだ、と述べています。

誰もが抱くもっとも一般的な認知バイアスには、次の3つがあります。

  • 自分の能力を過大評価してしまう傾向
  • ネガティブなものに執着してしまう傾向
  • すでに決定された世界観を裏づけるデータばかりを選んでしまう傾向

たとえば、自分の能力を過大評価していると、もうできたような気になってしまうせいで、準備不足に陥ってしまうかもしれません。

また、ネガティブな事柄にばかり目を向けていると、家を買ったり、転職したりといった、大きな決断ができなくなってしまうかもしれません。

さらに、すでにわかっていることを裏づけるデータにしか注意を払わないでいると、ほかの事実を知ったり、受け入れたりといったことができなくなるかもしれません。

認知バイアスを避ける方法

Ahn教授によれば、認知バイアスを避けるための一般的な対策は、次の2つ。

  1. バイアスを抱きやすい自身の傾向を認識すること。
  2. 決断を下す前に立ち止まって、自分の想定に疑問を持つこと。

それでもバイアスは消えないかもしれません。

ですが、たとえ一瞬であっても、余分に時間をかけて、自分が何をしようとしているのか、なぜそうしようとしているのかを自問すれば、間違った思い込みに基づいて決断を下す傾向を抑えやすくなります

最後に、上に挙げた、もっとも一般的な認知バイアス3つに打ち勝つための具体的な方法を、それぞれご紹介しましょう。

一般的な認知バイアスに打ち勝つ方法

大きなイベントやプロジェクト、プレゼンなどの前には、過信の罠に落ちないためにも、入念すぎるぐらいに準備しましょう。

決断を下すときは、それが持つポジティブな面とネガティブな面の両方に目を向けるようにしましょう。

今起きていることや問題を、さまざまな観点から見るよう意識しましょう。何よりも、過去の思い込みにはまらないように注意すること。

▼ライフハッカー編集部のPodcast配信中!

Source: Verywell Mind, Macmillan, Yale University, NPR