カゼを引いた時やちょっと熱っぽい時、お世話になるのが体温計。

また、新型コロナウイルスの感染が気になる昨今、体温を計る機会が増えているのではないでしょうか。

出社するかどうか、イベントにいくかどうか、その判断基準の1つとして体温測定が役に立ちます。

ただ僕の場合、体温測定で1つ課題があるんです。それは過去の体温を覚えていないこと。

先日、外出前に体温を計る機会があったのですが、測定後にふと頭に浮かんだのは「前回は何度だったかな?」でした。

1日に何度も計る時や、数日前の体温が知りたい時、過去の体温は覚えていないですよね。

ペンとメモを用意する、もしくはスマホのメモアプリを起動するなどしてメモを取ればいいのはわかっているのですが、たったそのひと手間が億劫だったりします。

そんなものぐさな僕でも簡単に体温を記録する方法がないか探したところ、見つけたのがスマホと連動できる体温計『オムロン 電子体温計 MC-6800B けんおんくん

使い方は簡単で、体温を測定して体温計をスマホのアプリにかざすだけで、体温のログを取ってくれるというもの。

これなら体温を書き写したり、打ち込んだりする手間がなく、手軽に記録に残すことができそうなので、購入して試してみました。

『けんおんくん』とは?

オムロン 電子体温計 けんおんくん』は、音波通信機能搭載で毎日の検温結果をスマホで管理できる体温計です。

測定結果を健康管理アプリOMRON connect(オムロン コネクト)」に転送して日々の体温変化を管理できます。

わずか15秒で測定完了

体温を計ります。予測検温ができるので、15秒で測定完了。

なお、体温は時間帯などで変化しますので、同じ時間帯で安静時に検温することがポイント。また、入浴のあとや運動後は体温が上がるので、30分以上あける必要があります。

意外と知らない体温の正しい計り方

ちなみに、正しい体温の計り方ってご存知でしょうか。

たとえば、わきの下で測定する場合は体温計をわきの中心に当てる、下から少し押し上げるようにしてわきをしっかりしめる、など注意すべき点がいくつかあります。

詳しくは、正しい使い方(正しい体温の測り方)をご覧ください。

今までに何度も検温してきたのでわかっていたつもりでしたが、意外と知らないものですね。いかに自己流だったか、改めて気がつきました。

スマホにかざすだけで記録を転送

ブザーが鳴ったら測定終了です。「OMRON connect」を起動し、「測定と転送」>「転送をはじめる」ボタンをタップ。

体温計をかざせばスマホのマイクが音波を受信して、検温結果が数秒で転送されます。

たったこれだけで、億劫だった体温の記録ができました。これなら毎日できそうです。

ほかのアプリと連携するともっと便利に

iPhoneユーザーなら、「ヘルスケア」と連携するとより便利になります。詳しい設定方法は、オムロンヘルスケア公式サイト上の「よくある質問」をご確認ください。

僕は「ヘルスケア」にデータを集約しているので、毎日の歩数や体重などといっしょに体温も管理することができます

さまざまなデータがあることで、体の状態をより詳しく把握でき、健康に対する意識がより高まります。

体温測定で健康管理

毎日の体温を測定することは、健康管理にも繋がります。

正しい使い方(正しい体温の測り方)」では、体温を計って平熱を把握しておく必要性を次のように伝えています。

平熱は、1人ひとり異なります。

血圧と違い、体温は急激に変化しにくいため、体の健康や病気のサインとなる重要な情報です

したがって、自分の日常の体温(平熱)を把握しておくことは、病気のサインを逃さないために非常に有効な予防対策です。

平熱を把握しておくことで、毎日の体温の記録からちょっとした変化に気づきやすくなるんですね。また、一般的な平熱より自分の平熱が低めであれば、体温を上げるよう対策がとれます。

あなたのかかりつけ健康サイト サワイ健康推進課」は、身体を冷やさないことのメリットに関して次のように明記しています。

健康を維持してくれる免疫力は体温が下がると低下することがわかっています。

つまり、体温が低いと病気になりやすいともいえるので、体温を上げるために運動をしたり、体を冷やさない習慣をつけるなどの対策をとることが可能になります。

まずは平熱を知ること、そして体温を記録しつづけることが、健康管理のはじめの一歩といえそうです。

自分の体温を知ることで健康への意識が芽生えた

正直なところ、今まで体調が悪い時ぐらいしか体温を計る習慣がありませんでした。

でも『オムロン 電子体温計 けんおんくん』を使って毎日体温を計って記録してみたところ、健康への意識が芽生えてきました。

記録を見ていつもより体温が低ければ、暖かい格好をしたり、温かい飲み物を飲んだりと体を温めるよう意識するようになり、自分の体をいたわるようになりました

これは、過去の体温を記録して比較対象があることで、体温が低い時に「何か対策取らないとまずいな」と危機感を覚えたからかもしれません。

自分の平熱を把握して記録していくことは、健康管理への第一歩。

その記録を取るのが億劫だった僕でも、スマホにかざすだけの『オムロン 電子体温計 けんおんくん』のおかげで手間なく取れるようになりました。

体温を記録し、健康管理への意識を高めてみてはいかがでしょうか。

地震で避難、車中泊を経験。身に染みてわかった「必須」防災グッズたち【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー・ジャパン

地震で避難、車中泊を経験。身に染みてわかった「必須」防災グッズたち【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー・ジャパン

寝つきの悪さを改善したい!耳を温める機能性「耳栓」の効果はいかに?【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー・ジャパン

寝つきの悪さを改善したい!耳を温める機能性「耳栓」の効果はいかに?【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー・ジャパン

3年愛用したXiaomiのスマートウォッチから、HUAWEIに買い替えた理由【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー・ジャパン

3年愛用したXiaomiのスマートウォッチから、HUAWEIに買い替えた理由【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー・ジャパン

>>もっと【今日のライフハックツール 】を見る

Source: OMRON Healthcare (1, 2, 3), あなたのかかりつけ健康サイト サワイ健康推進課, OMRON connect, Amazon.co.jp