もし、世界中の人が1人1台タブレットを持つことなったら?

筆者なら、Appleが10月26日に販売を開始する第10世代iPadをおすすめします。Type-C対応、ホームボタンレスなど、旧世代から大幅に進化。今回、レビュー用に実物を発売に先んじてレンタルできました。

そこで、多くの進化をまとった新型iPadをポイントを絞ってご紹介していきます。

第10世代iPadと旧世代を比較

Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部 via Apple
Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部 via Apple

今回の新型iPadは、まず見た目がガラッと変わりました。iPad ProやAirと同じく、ホームボタンがなくなり、全面スクリーンに。10.2インチから10.9インチに少しだけ大きくなりました。

さらに、充電ポートはLightningからType-Cに!待ちに待った、 iPadの正統進化がついに叶いましたね。

内側はというと、A13 BionicチップからA14 Bionicチップへ。8コアから16コアへ演算処理は倍増しています。

iPad Airを見たときのドキドキ感が蘇る。カラーは4色

今回お借りしたiPadは、イエロー。ゴールドと言ってもいいようなイエローで、発色の鮮やかさにうっとり。まさに、iPad Airのカラフルなラインナップを見たときのような、ワクワク感が蘇ってきました。

そのほか、ピンク、ブルー、シルバーの合計4色が用意されています。皆さんは、気になる色ありますか? 今回は、好きな色があるから買うっていうのも全然アリです。

ついに、キーボードとタッチパッドが一つに!

新型iPadは、念願のMagic Keyboard Folioに対応。今まではタッチパッドのない「Smart Keyboard」のみの対応だったんですよね。

磁石でピタッと取り付けるだけですぐに使えて、電源もiPad側から供給されます。何よりタッチパッドがついたことで、ポインターをマウスライクに使えて、もはやパソコンです。

キーボードは少し重さがあるので、移動するときは切り離して、背面のスタンドだけ持っていくという使い方もあり。2ピースデザインなので、その時々に合わせてキーボードの有無を選択できるのはデカい!

Type-C対応! Apple PencilはLightning

iPadに欠かせないものといえば、Apple Pencil。今回iPadのポートがType-Cになったことで、Apple Pencilも第2世代が使えるかと思いきや、第1世代対応です。

つまり、Apple Pencilを充電するときは、アダプターを噛ませる必要があります。これは今までと比べると、充電に手間がかかります。というより、単純に装備しておく備品が増えますね。

もちろん、iPadがType-C対応になったのは大歓迎。持ち運ぶケーブルが減るってものです。

FaceIDはなし。TouchIDのみ

そのほか気になったところは、TouchIDのみ対応というところ。個人的にはiPadはTouchID派なので、これは嬉しいですね。指紋が変わらなければ、100%解錠できますから。

画面が広くなって、使いやすさは向上

実際に使ってみて、ホームボタンがなくなった影響はかなり感じました。まずはスクリーンが広く感じること。動画を見たり、仕事をしたりするときに大きく生産性に影響する部分です。デザインもすっきりとして、まったく古さを感じません。

動作は、A14 Bionicチップですので、普通に使う上では全くストレスなく動作しますね。iMovieを使った動画編集をお考えの方にもおすすめ。

会社のプレゼン資料や動画資料を作りたいときにも活躍しそうですよ!

バランスが取れたiPad! 今買わなきゃいつ買うの

カラバリが豊富になっただけで魅力がグッとアップ。加えて、Type-Cになったり、ホームボタンがなくなったりと、時代にやっと追いついた新型iPad。まさに今が買い時と言える、iPadが誕生したのではないでしょうか?

タブレットを購入したいと検討中の方は、この新型iPadを候補に入れてみるといいと思いますよ! 当然、買い替えもあり! ずっとiPadを使ったきた人は、このタイミングで乗り換えましょう。第10世代iPadは、現在予約を受付中で、10月26日から販売開始です。

Source: Apple