Apple WatchをMacと組み合わせて使うと、仕事の流れがスムーズで便利になります。

この記事では、Apple WatchとMacで使えるユニークな5つの方法を取り上げますが、その前にいくつかの前提条件を満たす必要があります。

Apple Watchを使う前に、Macを確認

Apple Watchの大部分の機能を使うために、以下にご注意ください。

  • お持ちのApple WatchがwatchOS 3以上で機能すること。
  • お持ちのMacとApple Watchに同じApple IDを使っていること
  • お持ちのMacとApple Watchが近くにあること。

1. Apple WatchでMacをロック解除する

Apple Watchを使ってMacをロック解除するのは、特にTouch IDがないMacの場合にはとても素晴らしい機能ですね。この機能を有効にするには、まず、お持ちのiPhoneを使いApple Watchで4桁の暗証番号を設定する必要があります。

ロック解除機能を起動するには、Macで「システム環境設定」の「セキュリティとプライバシー」。

一般」をクリックし、「Apple Watchを使ってアプリケーションとこのMacのロックを解除」ボックスをチェックします。

これで、Apple Watchを使ってMacや、ログイン詳細が必要なアプリのロックを解除できるようになります。


この機能を無効にするには、ボックスのチェックを外すだけです。

機能が作動しない場合、Apple Watchを最新のwatchOSにアップデートし、MacとApple WatchのWi-FiとBluetoothを有効にしてください。

また、お持ちのMacが自動ロック解除をサポートしている必要があります。お持ちのMacに互換性があるかを調べるには、「オプション」キーを長押しして、メニューバーのAppleアイコンをクリックします。次にドロップダウンメニューの「システム情報」を選択。

サイドバーで「Wi-Fi」をクリックします。「インターフェース」セクションで「自動ロック解除」がサポートされているか確認します。Appleによると、2013年中期以降のMacはこの機能をサポートしているとのことです。

2. Apple Watchでアプリを認証する

Apple WatchでMacをロック解除できるようにすると、この機能をMacアプリの認証にも使うことができるようになります。Macにアプリをダウンロードしているときに、Apple Watchに承認要求が表示されます。これを認証するには、Apple Watchのサイドボタンを押すだけです。

Macのアプリがパスワードの表示、保存したアカウント詳細へのログイン、ノートのロック解除のようなタスクを行うために許可を要求する場合にも、類似の認証要求を受信することになります。

Authyのような認証アプリをMacとApple Watchにダウンロードし、Apple Watchに2要素コードを格納することも。

Apple WatchでIDを確認し、Macでアプリにログインするために必要となるワンタイムパスワード(OTP)を生成できます。

3. Apple Watchでオーディオを変更する

Apple Watchでリモートアプリを使うと、MacのiTunesライブラリにApple Watchを接続することが可能。Apple Watchを使って音量の調節、音楽の再生、停止や変更を行なうことができます。

Apple WatchでSpotifyアプリをダウンロードすれば、MacでSpotifyもコントロールできます。Spotifyアプリでは、音楽にリンクさせたり、シャッフルを有効にしたり、音楽をリピート再生したり、ライブラリ全体にアクセスするなど、デスクトップバージョンで行うことがほぼすべてできます。

Apple WatchでSpotifyミュージックを直接ダウンロードすることも。

残念ながら、Apple Watchを使ってMacでPodcastアプリをコントロールすることはまだできません。

4. Apple Watchを使ってKeynoteプレゼンテーションをコントロールする

この方法を実行するためには、Mac、iPhone、Apple WatchにKeynoteアプリをダウンロードする必要があります。3つのデバイスすべてにアプリをダウンロードした後、Macでアプリを起動し、設定の「リモート」をオンにします。

iPhoneでリモート機能を有効にし、Macで「リモート」セクションに表示されたデバイスリストからiPhoneを選択します。4桁のコードが両方のデバイスに表示されます。「確認」をクリック。

Keynoteプレゼンテーションを作成した後、Macで開きます。Apple WatchでKeynoteを開き、再生ボタンをタップすると、スライドを変更可能。

あるいは、多少お金がかかってもいいのであれば、「モバイルマウス」と呼ばれるアプリを購入し、音楽とプレゼンテーションの両方(同時にではありませんが)をコントロールすることができます。

5. MacでApple Payの支払いをする

Apple Watchを使えば、MacのSafariで支払いをすることもできます。

注意:この機能はGoogle ChromeやFirefoxのような第三者プラウザでは機能しません。

オプションが表示されない場合、そのサイトがApple Watchによる支払いをサポートしていない可能性が高いです。オプションが表示された場合、Apple Watchでサイドボタンを2度押しして支払いをします。

この機能は、Apple WatchとMacが近くにあり、同じApple IDを使っている限り、デフォルトで有効に。

iPhoneでWatchアプリを使って、機能を無効にすることができます。WatchアプリでApple Walletの設定を開き、通知をオフにします。

Original Article: 5 Ways You Can Use Your Apple Watch and Mac Together by MakeUseOf