缶切りを使わずに缶詰を開けようとするときの主な問題は、物理的な力を間違った形で使ってしまうことです。

ここでは、缶切りを使わずに缶詰を開ける最もスマートで簡単な方法をご紹介します(途中で指を切ることもありません)。

道具を使わず缶詰を開ける方法

缶詰を開けたいのにスプーンさえないという場合も、諦めるには及びません。ちょっと工夫すれば開けられます。やコンクリート、紙やすりなど、平で表面がザラザラしたものがあれば大丈夫です。

缶詰を逆さまにして、ザラザラした面に缶詰の上部を勢いよくこすりつけましょう。すると、缶詰の上部の柔らかい金属が摩耗し、最終的に缶詰の封になっている部分が分離します。この場合、強く摩擦するので、1分以上かからないはずです。

ときどきちょっと手を止めて、缶詰を握りしめて十分に磨耗したか、あるいは、缶詰から液が漏れているか確認しましょう。そうなっていたら、ポパイがほうれん草を缶詰から取り出すときのように、缶をギュッと握りしめて蓋を開けるか、ナイフなどの平たい道具を継ぎ目に差し込んで、蓋を持ち上げてください。

ただし、ご注意ください。缶詰を摩擦している間に気が散ってしまうと、缶詰の中身があちこちに散乱してしまう可能性があります。そうなる前に止めるのがコツです。

また、金属片にも注意が必要です。この方法だと、木材を研磨するときと同じように、金属の「ほこり」が少し出るので、食べ物に入らないように気をつけましょう。

ナイフ、ドライバー、スプーンを使って缶詰を開ける方法

缶詰の蓋は穴を開けるようにできていますが、そのためには道具が必要です。缶詰を平らで安定した場所に置き、縁に沿って上部に順番に数個穴を開け、中身を外に注ぎ出せる程度に蓋をはがす必要があります。

鋭利で頑丈なナイフを使えば、最も簡単に蓋に穴を開けられますが(カッターナイフでも可)、手を滑らせると怪我をしてしまうので、ちょっと危険です。

もう少し安全なのは、マイナスドライバーを使う方法です(ハンマーもあると便利です)。ドライバーの先端で缶の上部の縁に沿って穴をあけていき、それによってできた蓋の下にドライバーを差し込むようにすると開きます。

スプーンを使う方法もあります。缶詰の縁の内側にスプーンの縁を当てて穴をあけ、スプーンの先端を上下に動かして缶を切り裂き、十分な大きさの穴をあけます。

少し器用さと努力が必要ですが、ナイフやドライバーはないけれど、スプーンならあるという場合に知っていると便利な方法です。ただし、缶詰の鋭利な切り口で手を切らないように注意しましょう。

Source: YouTube(1, 2, 3