ライフハッカー編集部が運営するVoicyチャンネルは、作家・書評家の印南敦史さんがビジネスパーソンの仕事、生き方に役立つ本を紹介する連載「毎日書評」を声でお届けしています。

仕事や私生活で忙しい日々を過ごしていると、悩みや不安、ストレスは解消されることなく募っていくばかり。

「忙しない日々をただこなすだけでいいのか」「まだやりたいことがあるけどはじめ時がわからない」など、キャリアや生き方の悩みは、ただ自分の中に留めておく人も多いのではないでしょうか。

仕事、人間関係の悩みや、生き方、キャリアの迷いを抱えている時、紆余曲折を繰り返し苦難を乗り越えてきた先人の体験談や言葉は非常に刺さるものがあります。

今回は、日々の小さな悩みから、キャリアや転職、生き方に葛藤した時に指針となる「先人たちの言葉」をテーマにこれまでの放送から4つセレクトしてお届け。

気になった方は各放送のURLからぜひ聞いてみてください。

>>毎週火・木曜日 朝8:00配信!ライフハッカーVoicyをフォローする

>>平日朝に一冊紹介 印南敦史の「毎日書評」をチェック

「9割は無駄、1割の幸せを見つけろ」81歳の志茂田景樹さんが伝える生き方ヒント

大学卒業後、さまざまな職を経て作家を目指し、40歳の時『黄色い牙』で第83回直木賞を受賞した志茂田景樹さん。転職を繰り返すなかで、自分を責め続けることもあったという志茂田さんの言葉は、コンプレックスや自信のなさを克服するきっかけをくれます。

1つ、2つしかない長所を磨け。短所はいくらあってもほっとけ。磨かれた長所がすべての短所を呑み尽くす。

どうしても自分の短所ばかりに目がいきがちですが、短所は長所になりうるものです。志茂田さんがアドバイスするように、長所を磨き続けることは自信にもつながるでしょう。

▼放送を聴く

瀬戸内寂聴のことばは、なぜ刺さる?『自分らしく』生きるために忘れてはいけないこと

自分のキャリアを考える時、「自分にできるかわからない」とつい諦めてしまいがち。瀬戸内寂聴さんは、このネガティブな感情に対して、生まれてきたこと自体に誇りを持ち「自分こそ」と考えることが大切だと語りました。

わかってはいるけど忘れがちな考え方、「やる前から諦めず、まずはやってみる」。

瀬戸内寂聴さん自身の経験談や、恐怖や不安で一歩を踏み出せない時に背中を押される言葉などを、ぜひ放送で聞いてみてください。

▼放送を聴く

幸せな人生を歩むために活かす。ドラッカーからの5つのメッセージ

「知の巨人」と称される経営学者ピーター・ファーディナンド・ドラッカーの言葉は、今を生きるビジネスパーソンが心に留めておくべき教訓。

彼は「幸せとは自己実現であり、自己実現は、他者を喜ばせることで実現できる」と語り、そのために取り組むべき5つのことを教えてくれました。

今努力していることは何のためなのか、仕事とプライベートを行き来するなかで常に幸福であるためにはどのようなことをすればいいのでしょうか。

放送では、生き方を改めて考え直すきっかけとなる彼のメッセージを紹介しています。

▼放送を聴く

「歴史思考」を身につけると当たり前の悩みから解放される理由

歴史を振り返ると、今自分が直面している悩みを解決するヒントになることがあります。以下の放送で紹介している『世界史を俯瞰して、思い込みから自分を解放する 歴史思考』の著者である深井龍之介さんは次のように語っています。

歴史上にはたくさんの頭の切れる人や優れた人格の人がいて、あなたが今、直面しているような問題にはすでに答えを出していたり、少なくとも重大なヒントを残していたりするんです。

歴史や古典を学ぶことで、ビジネス・私生活の課題に向き合い、最善の答え導き出せるということです。

▼放送を聴く


ライフハッカーのVoicyでは、ビジネスパーソンの仕事術や豊かな人生を送るヒントとなる放送を配信しています。ぜひ番組をフォローしてみてください。

>>毎週火・木曜日 朝8:00配信!ライフハッカーVoicyをフォローする

最小の労力で最大のパフォーマンス。4つの時間管理術と自己分析メソッド【7分でスキルアップ】 | ライフハッカー[日本版]

最小の労力で最大のパフォーマンス。4つの時間管理術と自己分析メソッド【7分でスキルアップ】 | ライフハッカー[日本版]

Source: Voicy