iPhone 14シリーズが発表されました。

「スマホは2年周期で買い替える」という方は多いと思いますが、それでいくと今年はiPhone 12ユーザーのターンです。何不自由なく使えるiPhone 12から乗り換えるほどの魅力が、新しいiPhone 14に備わっているのか?

そこで今回は、iPhone 12シリーズとiPhone 14シリーズのスペックを比較してみました!

買い替えを検討するうえでの判断材料にしていただければと思います。

iPhone miniに替わりPlusが登場

Image: Apple

iPhone 14シリーズのラインナップは、iPhone 14、iPhone 14 Plus、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro MAXの4モデル。

iPhone 12シリーズより登場したminiが姿を消し、代わりに画面サイズがPro MAXクラスのPlusが再登場しました。

iPhoneを選ぶ人の中に、どうせなら大画面…との要望が多いのはわからなくもないです。

画面サイズで見ると、iPhone 14シリーズとiPhone 12シリーズ同等クラスで大きな違いはありません。また、デザインもマイナーチェンジにとどまり、年々大きくなるカメラモジュールのサイズの違いが際立っている程度です。

1. 新色カラーで考える

そういった意味では、デザイン刷新に期待した人にとって買い替えのうまみに乏しいかも。

一方でカラーに関してはクールな新色も登場しているので、そろそろ気分転換したい人にとっていいタイミングです。

iPhone 14シリーズの画面サイズ、カラー

iPhone 14iPhone 14 PlusiPhone 14 ProiPhone 14 Pro MAX
6.1インチ6.7インチ6.1インチ6.7インチ
ブルー
パープル
ミッドナイト
スターライト
プロダクトレッド
ブルー
パープル
ミッドナイト
スターライト
プロダクトレッド
ディープパープル
ゴールド
シルバー
スペースブラック
ディープパープル
ゴールド
シルバー
スペースブラック

iPhone 12シリーズの画面サイズ、カラー

iPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro MAX
5.4インチ5.4インチ6.7インチ6.7インチ
パープル
ブルー
グリーン
プロダクトレッド
ホワイト
ブラック
パープル
ブルー
グリーン
プロダクトレッド
ホワイト
ブラック
パシフィックブルー
ゴールド
グラファイト
シルバー
パシフィックブルー
ゴールド
グラファイト
シルバー

2. Dynamic Islandでノッチが強みに

Image: Apple

大きく変わらない見た目と裏腹に、iPhone 14の中身のほうはiPhone 12から大きなジャンプアップを果たしています。iPhone 14ではまったく新しい機能がいくつか追加。主なものは以下3点です。

  • Dynamic Island(iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro MAX)
  • 常時表示ディスプレイ(iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro MAX)
  • 衝突事故検出(全機種)

今回最も驚きを持って捉えられたのが、iPhone 14 ProおよびPro MAXに備わった「Dynamic Island」との新機能です。

ディスプレイ領域に含まれるのに情報表示できないノッチ部分は、これまでスマホの弱点として捉えられてきました。iPhone 14では、このデッドスペースにさまざまな情報を表示することでの有効活用に成功しています。

Dynamic Islandには、たとえば着信通知やプレイしている音楽など、主にバックグラウンドで動いているアプリの情報をグラフィカルに表示。タッチするとスムーズなアニメーションと共にポップアップするギミックも心地よく、素早くタスクが切り替えられるメリットもあります。

3. 常時表示ディスプレイで画面OFFのまま情報確認可能に

Image: Apple

常時表示ディスプレイは、ロック画面に常に時間やカレンダーといった情報を表示しておく機能です(こちらもiPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro MAXのみ)。すでにAndroidユーザーにはお馴染みのこの機能ですが、iPhone14ではAppleらしい完成度の高い常時表示ディスプレイが体験できます。

ディスプレイを暗くし、リフレッシュレートを最小限にすることでバッテリー消費を節約。それでも壁紙の画像をきれいに見せるのがAppleの技です。

時間やマップを確認するために、わざわざスマホを手に取る必要がないのはスマート。ふと目をやれば、お気に入りの壁紙が常時表示されているのも素敵です。

4. 衝突事故を検出して素早く救助要請してくれる

Image: Apple

iPhone 14では衝突事故を検出する機能も登場。

こちらは全モデル共通になります。加速度センサーやジャイロスコープ、気圧計やマイクを駆使してAIが衝突事故を判断してくれます。最悪な状況下でも、迅速にiPhoneが救助を要請してくれるのは心強いです。緊急連絡先を登録しておくこともできます。

Image: Apple

緊急連絡といえば、電波のない状況でも衛星を使って短いメッセージが送信できる「Emergency SOS via satelite」とのサービスも開始されるよう。こちらは、アメリカとカナダが対象となっています。

連絡手段が確保できれば、災害時にキャリアの基地局がダウンしてもパニックにならずに済みそう。今後の日本展開にも期待です。

5. カメラ性能の向上は隔世の感

Image: Apple

ここからは、最も気になるカメラの性能の違いをチェック。毎年進化するiPhoneカメラですが、今回特に気合が入っています。まずは主なアップデート点を確認してみてください。

  • メインカメラが48MPに(iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro MAX)
  • センサーが大型化、暗いシーンでも美しく撮れる
  • フロントカメラがオートフォーカス搭載
  • シネマティックモードが24fpsの4K HDR撮影に対応
  • アクションモードで強力に手振れ補正

搭載しているカメラの種類に関しては、iPhone 12シリーズ、iPhone 14シリーズ同等クラスで違いはありません。ただレンズの内容やセンサー、機能には大きな違いが。写真や動画の撮影がiPhoneの主な用途、という方なら乗り換える価値ありです。アップデート内容について説明していきます。

iPhone 14シリーズのカメラ構成

iPhone 14iPhone 14 PlusiPhone 14 ProiPhone 14 Pro MAX
12MPメイン/超広角12MPメイン/超広角48MPメイン/広角/超広角48MPメイン/広角/超広角
オートフォーカスに対応したTrueDepthフロントカメラオートフォーカスに対応したTrueDepthフロントカメラオートフォーカスに対応したTrueDepthフロントカメラオートフォーカスに対応したTrueDepthフロントカメラ
2倍の光学ズームレンジ2倍の光学ズームレンジ6倍の光学ズームレンジ6倍の光学ズームレンジ

iPhone 12シリーズのカメラ構成

iPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro MAX
12MPメイン/超広角
12MPメイン/超広角12MPメイン/広角/超広角12MPメイン/広角/超広角
TrueDepthフロントカメラTrueDepthフロントカメラTrueDepthフロントカメラTrueDepthフロントカメラ
2倍の光学ズームレンジ2倍の光学ズームレンジ4倍の光学ズームレンジ5倍の光学ズームレンジ

6. メインカメラがついに48MPに

Image: Apple

iPhone 6s以降長らく12MPのままだったメインカメラが、iPhone 14 Proのラインナップでついに48MPになりました。

さらにはセンサーがiPhone 13シリーズ比で65%大きくなっていて、感度が格段にアップしています。これにより、特に光量の少ないシーンでより美しい写真が撮れるようになりました。

Image: Apple

加えて「Photonic Engine」との新技術搭載で、Deep Fusionによる画像合成を画像処理のより早い段階で適用。写真の中の情報を多く保つことで、質感や色合いの表現力を高めています。

7. フロントカメラがオートフォーカスに対応

Image: Apple

TrueDepthフロントカメラがオートフォーカスに対応しました。複数の被写体に焦点を合わせられ、より寄って撮れるだけでなく、背景のボケ具合も増しています。また集光性能が向上していて、暗所でもノイズの少ない写真が撮影可能に。

この2年でセルフィーを撮る頻度がアップしたTikTokerなら、迷わずiPhone 14シリーズに乗り換えです。

8. ジンバルなしでも滑らに撮れるアクションモードは驚異的

Image: Apple

iPhone 13 Proより搭載されたシネマティックモードは、iPhone 14で大幅にパワーアップしています。

24fpsの4K動画が撮影できて、初めてシネマティックモードを使うiPhone 12ユーザーにとって、刺激的な体験になりそうです。

Image: Apple

強力に手ブレ補正してくれるアクションモードも利用シーン満載です。走りながら、あるいは乗物からの撮影がジンバルなしでも滑らかです。異次元の手ブレ補正を味わうためだけにでも、iPhone 14を試したくなります。

9. バッテリー駆動時間が大幅アップ!

Image: Apple

iPhone 14シリーズは、バッテリー駆動時間でも当然のようにiPhone史上最長を更新してきました。ビデオ再生時間はiPhone 14 Plusが最大26時間、iPhone 14 Pro MAXに関しては最大29時間と著しい延長ぶり。これは、リフレッシュレートの調整やチップの電力効率向上など、総合的なバッテリー節約の賜物です。

iPhone 12 Pro MAXのビデオ再生時間が最大20時間。2年使用するうちにさらに短くなっているかと思いますので、バッテリーの持続時間の延長は、iPhone買い替えのきっかけになりそうです。

iPhone 14シリーズのバッテリー駆動時間

iPhone 14iPhone 14 PlusiPhone 14 ProiPhone 14 Pro MAX
最大20時間のビデオ再生最大26時間のビデオ再生最大23時間のビデオ再生最大29時間のビデオ再生

iPhone 14シリーズのバッテリー駆動時間

iPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro MAX
最大15時間のビデオ再生最大17時間のビデオ再生最大17時間のビデオ再生最大20時間のビデオ再生

10. ストレージ容量は1TBが選択肢に

Image: Apple

ストレージ容量に関しては、iPhone 12シリーズより1段階アップしています。1TBの選択肢もあるので、動画がパンパンになったiPhone 12も移行しやすいんじゃないでしょうか。

iPhone 14シリーズのストレージ容量

iPhone 14iPhone 14 PlusiPhone 14 ProiPhone 14 Pro MAX
128GB
256GB
512GB
128GB
256GB
512GB
128GB
256GB
512GB
1TB
128GB
256GB
512GB
1TB

iPhone 14シリーズのストレージ容量

iPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro MAX
64GB
128GB
256GB
64GB
128GB
256GB
128GB
256GB
512GB
128GB
256GB
512GB

Dynamic Islandや常時表示ディスプレイ、撮影に興味があるなら買い替えを

いかがでしょうか?

Dynamic Islandや常時表示ディスプレイといった新機能を体験したい方には乗り換えにピッタリの機会。

また、撮影の頻度が高い方にとっても新型iPhoneは魅力的です。それ以外のiPhone 12ユーザーの中にも、そろそろバッテリーのもちや新鮮味に賞味期限がきている方も多いはず。

iPhone 12から大幅ジャンプアップを果たしたiPhone 14の導入を、前向きに検討してもいいかもしれません。

Image: Apple(1, 2)

Source: Apple(1, 2, 3)