あなたはExcelを開き、スプレッドシートを相手に、熱心に作業を進めています。すべての数値が正確になるよう細心の注意を払い、すべてが順調のように見えます。

まるで機械のように、このタスクを見事にやり遂げ、上司にアピールするという目標に向けてまっしぐらに進んでいます。

しかし、ここで停電が起き、ファイルを保存する前にPCがシャットダウンしてしまったらどうなるでしょう? こればかりはどうしようもありません。一からすべてをやり直すか、もう仕事を投げ出してあとはどうにでもなれ、と思うか、2つに1つです。

…と言いたいところですが、早まらないでください。

自分の作業の成果を保存しておかなかったのはたしかに問題ですが、ドキュメントが消えてしまっても、すべてが終わりではありません。

なんらかの理由で、Officeドキュメントをうっかり保存せずに閉じてしまった場合でも、一からすべてをやり直さなければならない、と思い込む必要はないのです。

保存しておかなかったファイルを復活させる方法

実は、保存していなかったファイルを取り戻せる、手軽な方法があります。しかもそれは、あなたが使っているOfficeアプリに内蔵されているのです。

WordやExcel、あるいはそれ以外のOfficeアプリでドキュメントを使った作業をしていると、「保存ボタンをクリックしていない時でも、ファイルはきちんとバックアップされています

使っているアプリが、あなたのユーザーアカウントの「AppData」フォルダの下にある「Roaming」フォルダに、作業中ファイルのデータを保存しているのです。

たいていの場合は非表示設定になっているこのフォルダが、さまざまなWindowsアプリについて、ユーザーアカウントのデータを保存してくれています。

保存されずに閉じられてから間もないOfficeドキュメントは、このフォルダに保存されているケースがほとんどです。こうしたドキュメントを見つけるには、おもに2つの方法があります。

1. Roamingフォルダに直接アクセス

1つ目は、一番簡単で直接的な方法です。消えてしまったドキュメントが保存されているRoamingフォルダに直接アクセスするのです。

まずは、うっかり終了させてしまったアプリを立ち上げ、左上にある「ファイル」タブをクリックして、「情報」メニューを選びます。次に、「文書の管理」をクリックして「保存されてない文書の回復」を選びます。そうすると、保存せずに閉じてしまったファイルが表示されるはずです。

ここから保存したいファイルを選び、二度と失わないように「名前を付けて保存」をクリックしましょう。

2. より上級者向けのアクセス方法

もう少し「テクノロジー通」を気取りたいなら、得られる結果は同じですが、より上級者向けのメソッドがあります。

まずは、Windowsキーと「R」を同時に押して、「実行」ウィンドウを開きます。次に「%appdata%」と入力して、Roamingフォルダを表示させます。ここから、ファイルパスをたどって、必要としているアプリのフォルダを開きます(たとえば、「Microsoft」フォルダ>「Word」フォルダという流れです)。

そうすると、先にご紹介した方法で、直接開いたフォルダと同じものが表示され、ここで保存し損なったファイルが見つかるはずです。そうしたら、先の場合と同じように、ファイルを開いて新規保存しましょう。

Microsoft Wordにデータを取り込む意外な方法8つ | ライフハッカー[日本版]

Microsoft Wordにデータを取り込む意外な方法8つ | ライフハッカー[日本版]

Microsoftの「OneNote」で素早く効果的にメモを取れる11の秘訣 | ライフハッカー[日本版]

Microsoftの「OneNote」で素早く効果的にメモを取れる11の秘訣 | ライフハッカー[日本版]

Microsoft公認のパワポ拡張ツール「Biz Benrie」で資料の「ダサイ」を解決できた | ライフハッカー[日本版]

Microsoft公認のパワポ拡張ツール「Biz Benrie」で資料の「ダサイ」を解決できた | ライフハッカー[日本版]

Source: reddit