新しいテクノロジーといえば、派手な機能が目を引きがちです。

iPhone 14 Proの目玉は、もちろん、フロントカメラ部分のパンチホールが、使い方に応じて変化するダイナミックアイランドでしょう。

Appleはこれをアラートや、バックグラウンドタスクのためのハブとして宣伝していますが、その真の可能性は、サードパーティの開発者が考え出したユニークな使い方によってもたらされるかもしれません。

たとえば、iPhone14 Proのダイナミックアイランドに「たまごっち」のようなペットを住まわせることができます。

もちろん、これはAppleの「設定」で利用できるようになるわけではありません(そうあって欲しいものですが)。

これは、RedditクライアントのApolloや、AMPリンクを通常のURLに変換するアプリAmplosionで有名なiOS開発者のChristian Seligさんが作成した機能です。

「たまごっち」にインスパイアされたこの機能で、Seligさんはダイナミックアイランドの上に猫を配置しました。

この猫は走り回ったり、眠ったり、夢の中で暮らしたりと、ただただ可愛いだけの存在です。

この猫の名前は、Seligさんが実際に飼っている猫にちなんで「ヒューゴ」といいますが、14 Pro の「たまごっち」に設定できる動物は、この猫だけではありません。

「ダイナミックアイランド動物園」と呼ばれる動物園から、「ピクセルパル」である犬のルパート、ハリネズミのチョートリー、キツネのフィネガン、そしてウーパールーパーのモッチーも選択できます。

ひとつだけ(大きな)欠点があるとすれば、ユーザーがiPhone 14 Proを使うとき、これらのデジタルペットは追いかけてこれないことです。

残念ながら、iOSはまだiOSであり、iPhoneユーザーがTweetしたり、TikTokをスクロールしたり、友人にメールを送ったりしている間、ヒューゴやフィネガンやチョートリーをダイナミックアイランドの上で待機させることはできません

そして、この機能はApolloに組み込まれているので、現在Redditを使っていない人は、今すぐ使いはじめるしかありません。

Apolloには有料会員限定の機能もありますが、ダイナミックアイランド動物園は無料で使えます

最新バージョンのアプリとiPhone 14 Proか14 Pro Maxがあるなら、Apolloアプリの「設定」→「一般」→「ピクセルパル」と進むと、このオプションが表示されるはずです。

ほかのiPhoneでも楽しめる

iPhone 14 Proが無くても、「ピクセルパル」で楽しむことは可能です。

「ピクセルパル」はiOS 16のカスタマイズ可能なロックスクリーンのApolloウィジェットオプションになっています。

Appleの最新アップデートに対応しているiPhoneがあり、Apolloアプリがインストールされていれば、いつでも好きなときに「ピクセルパル」を表示することができます。

設定方法は、ロック画面を長押しして「カスタマイズ」をタップし、ウィジェットスペースを選択して「ウィジェットの追加」メニューを表示させます。

Apollo」をタップし、「ピクセルパル」までスワイプします。

ロック画面に大小を問わず「ピクセルパル」のウィジェットを追加できるので、一度に複数の「ピクセルパル」を画面に表示させることができます。

ロック画面に「ピクセルパル」ウィジェットを配置すると、デフォルトで猫のヒューゴが表示されます。

動物を変更するには、ウィジェットをタップしてから、「猫(ヒューゴ)をタップして、他の4匹の仲間のうちの1匹と入れ替えます。

iPhone 14は「買い」? iPhone 12から乗り換えるべき10のバージョンアップ | ライフハッカー[日本版]

iPhone 14は「買い」? iPhone 12から乗り換えるべき10のバージョンアップ | ライフハッカー[日本版]

iOS 16の新機能に興味がなくても「必ず」アップデートしたほうがいい最大の理由 | ライフハッカー[日本版]

iOS 16の新機能に興味がなくても「必ず」アップデートしたほうがいい最大の理由 | ライフハッカー[日本版]

Source: Twitter