メモアプリは便利そうに見えますが、役に立たないものもたくさんあります。

実は、メモアプリを使うと学習効果が下がる可能性があるのです。納得いきませんか?

では、今回はメモアプリを使うのをやめたほうがいい5つの理由をご紹介します。

1. タイピングは記憶力を低下させる

キーボードを打つ手元

メモアプリを使う場合、文字はキーボードで入力しなければなりません。ペンや鉛筆で文字を書くのは、入力するよりも多くの脳の部位を使います。

NOW」には、これを証明する「Frontiers in Science」の研究が掲載。

研究では、ペンを使ったほうがより生産的になることもわかっています。ペンを使った人は、キーボードで入力した人よりも刺激を多く受けるので、情報の記憶力も良かったのです。これは、ペンでメモを取るほうが集中力が必要だからという理由もあります。

手書きの場合は、文字の形のことを考えながら書かなければなりません。きれいに書こうとすればなおさら。

また、タイピングをしないほうが、書く内容により集中することができます。手書きではコピー&ペーストができないので、書きながら内容を処理したり、まとめたりしなければなりません。

2. 画面を見る時間が長くなり、目に負担がかかる

目を押さえている人

ほとんどの人は、画面を見る時間が必要以上に長いです。

画面が放つブルーライトは生産性を低下させており、ブルーライトのフィルターはそこまで役に立っていません。メモアプリは、目の負担が増えるだけです。

メモアプリにダークモードがあっても、目の健康に良いわけではありません。

目のためにできるのは、画面の代わりに紙を見ること。問題はそれだけではなく、眼精疲労で疲れている時は効率が下がります。だから、休んだほうがより生産性が高くなるのです。

3. 多機能すぎて注意力が散漫になる

紙のノートとは違い、アプリの開発者は常にアップデートしなければなりません。月額費を払うようなアプリの場合は特にそうです。そのため、メモアプリは機能が膨れ上がることがよくあります。

膨大な機能があるということは、実際には必要のない機能が大量に積まれているということ。たとえば、フォントや色に数百もの選択肢があったりします。このような細かな調整は、実際にメモを取る作業の邪魔になるでしょう。

メモを取ることに関して言えば、シンプルが一番

特別な機能を探すのにメニューを見るのではなく、画面をオフにして紙を使いましょう。そうすれば、読んだり聞いたりしていることに集中でき、より効率良くメモを取ることができます。

4. 画面はスペースに制限がある

紙にペンで何かを書いている手元

たとえば、スライドやドキュメントの上にメモが取りたい時。その場合、元の資料とメモを画面上に一緒に詰め込まなければなりません。

スペースが窮屈になると内容の管理が大変で、小さな文字を使わなければならないこともあります。

The Human Factors and Ergonomics Society」の調査によると、大きな文字を使うことにはメリットがあります。

大きな文字を使うと、生産性や正確性が向上。また、被験者は作業がより簡単に感じたようです。

Healio」には、「Optometry & Vision Science」の自然光で10ポイントのフォントを使うと仕事が捗ることを証明する、別の研究が載っていました。

しかし、パソコンでは、画面の光が生産性を下げてしまいます。つまり、より多くの仕事をこなすには、自然光と大きな文字が必要なのです。

それには、パソコンよりも紙のほうが簡単に実現できます。

パソコンのバックライトや限られた画面サイズは、この優先順位を守れません。一方、大学ノートの先に合わせて書くと、20ポイントのフォントと同じくらいになります。

5. パソコンではいたずら書きが難しい

マインドマップを書いているところ

メモアプリには、落書き機能が付いていることが多いです。

しかし、画像を貼り付けたり取り込んだりしても、記憶には残りません。そのような動作は、絵を描く時のように画像に集中する必要がなく、受け身だからです。

また、マウスで絵を描くのは難しいです。タブレットペンも、慣れるまでは使いこなすのが大変でしょう。

それに、自分が思い描くような絵でない場合は、記憶にも残りにくいです。

絵心がなくても、紙とペンで書いた方がマシなはず。また、文字だけにこだわろうとする必要はありません。落書きはメモの大事な一部です。

メモにさまざまなものを付け加えれば、脳が後でその情報により多くの方法でアクセスできるため、それだけ思い出しやすくなります。

マインドマップのような、より早くメモを取るテクニックを使うのもいいでしょう。

メモアプリを使うのは今日でやめよう

生産性を高めるには、簡略化することが大事な時もあります。今すぐデジタルのメモアプリを削除し、紙のノートと蛍光ペンを買いましょう。

Source: NOW, ResearchGate, Healio

Original Article: 5 Reasons Why Note-Taking Tools Don't Work by MakeUseOf