最大48時間使い放題、なんだぜ。

スマホを使う上で欠かせないのがデータ通信の契約。今は4大キャリアに加えて、サブブランドや低価格のキャリアが増えていますが、1泊2日の小旅行にぴったりなのが、povo2.0です。

povo2.0は、月額基本料無料で必要なオプションをトッピングしていくシステムを採用しています。使いたい時だけ使いたいデータ量の契約ができるということで、メイン回線にはもちろん、たまに使うサブ回線用にもピッタリです。

で、そのpovo2.0なんですが、トッピングに「データ使い放題(24時間)」があります。これは330円でデータ通信が24時間無制限になるというものなんですが、実は最大48時間も使えるんですよ!

「データ使い放題(24時間)」、なぜか契約した日の翌日の午後11時59分まで有効なんです。つまり、午前0時に契約したら翌日の午後11時59分まで使えるので、最大48時間使えるというわけ。

でもまあ、実際に試してないとわからない! ということで、1泊2日の出張のお供に、povo2.0の「データ使い放題(24時間)」を使って、ほんとに24時間以上使えるのか試してみました。

まずは新幹線で契約!

我々ギズモード編集部は出張のために新幹線に乗車。午前8時40分にpovo2.0の「データ使い放題(24時間)」を契約しました。

あらかじめスマホにインストールしておいたpovoアプリを使えば、契約は簡単。あっという間に使い放題になりました。

出張日は7月28日。その午前8時40分に契約しましたが、アプリから確認すると有効期限は7月29日午後11時59分までとなっています。まじ、24時間オーバーじゃん!

でももしかしたら何かの間違いかもしれません。引き続き調査続行です。

東京に帰ってきたぞー。povo2.0は使えるのか?

1泊2日の出張を終え、東京は上野駅に戻ってきた我々。時刻は午後8時45分。povo2.0は息をしているのか、確認します。

じゃーん! なんとまだ生きてました。「残り4時間未満」と出ているので、これはほんとに午後11時59分まで使えるっていうことですね。

ちなみにpovo2.0のサポートによると、使用状況によっては速度制限がかかることがあるようです。今回の出張で使用した限りでは速度低下を感じることはありませんでしたけどね。

一定期間内、またはネットワーク混雑時に、大量データ通信のご利用があった場合、データ通信の残量があっても混雑時間帯の通信速度を制限する場合がございます。 大量データ通信を控える、別の時間帯で利用してみることで解決する場合がございます。

出張・小旅行にはpovo 2.0をもっていこう

検証の結果、どうやらほんとに24時間以上、最大48時間使えることがわかりました。48時間データ使い放題で330円。これ、かなり強力ですね。これから出張のお供に欠かせない存在となりそうです。

僕、個人的にはデータ通信の回線は1回線しか持っていないので、サブ回線として契約しちゃおうかな。月額0円ですし。いざという時はすぐに契約して使えるというのは、かなり魅力的です。

あれ? もしかしたら2日に1回、データ使い放題をトッピングしていけば、4950円(330円×15日)で1カ月丸々使い放題が実現できるんじゃ? 興味のある方は試してみてはいかがでしょう。

執筆・撮影:三浦一紀 / Source: povo2.0

ギズモード・ジャパンより転載(2022.08.08公開記事)