努力は素晴らしいものですが、たまには手をゆるめてみませんか?

「頑張る」「ベストを尽くす」ばかりがいい結果を生むわけではありません。

今回は、サボったっていいんだ!と思わせてくれる理由を、過去のライフハッカー[日本版]の記事から集めてみました。

今ある幸せに気づきにくくなる

幸せになりたい、もっと上を目指したい、とがむしゃらに頑張りすぎていませんか?

以下の記事によると、幸せを追いかけすぎると、自分の期待感を上手にコントロールできず、失敗する恐れが高くなるそう。

今あるものや、日常の些細な喜びに目を向けてみれば、意外と幸せで満ち足りていることに気がつくかもしれません。

▼記事を読む

幸せをつかむコツは「がんばらない」こと:研究結果 | ライフハッカー[日本版]

幸せをつかむコツは「がんばらない」こと:研究結果 | ライフハッカー[日本版]

「適度なサボり」は生産性が上がる

「ダラダラと過ごすのはだめだ」。通常であれば多くの人がそう思うことでしょう。

一方、適度な分量であれば、脳に「リセット」の機会を与えることになり、むしろ生産性が上がるのだとか。

では「適度」ってどの程度なのでしょう? 以下の記事では、その時間配分についても説明しています。

▼記事を読む

適度にサボると生産性は向上する:研究結果 | ライフハッカー[日本版]

適度にサボると生産性は向上する:研究結果 | ライフハッカー[日本版]

燃え尽き症候群になるのを防ぐ

仕事と私生活の境界線が薄くなる昨今、常時「オンモード」になりがちな人も多いようです。

頑張りっぱなしの状態は“ガソリン切れ”を引き起こし、気づいた時には休まないと身が持たない、なんてことも…。

そうなる前に設けてほしいのは、以下の記事で筆者が「ノープランの日」と呼ぶもの。

筆者の経験談とともに、どのように取り入れたらいいかを解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

▼記事を読む

月に一度「ノープランの日」を予定しておくべき理由 | ライフハッカー[日本版]

月に一度「ノープランの日」を予定しておくべき理由 | ライフハッカー[日本版]

心身のバランスを保つ余白が必要

「自分自身にあげられる、もっとも心優しいギフトの1つは、何もしない自由な時間」と語るのは以下の記事。

自身・他者の期待や要求から解放された、「無計画で自由な時間」は、リラックス感と心身の回復をもたらします。

忙しない毎日にくたびれているようなら、1日10分からでも「何もしない時間」をつくってあげましょう。

▼記事を読む

「何もしない一人の時間」がストレス解消につながる | ライフハッカー[日本版]

「何もしない一人の時間」がストレス解消につながる | ライフハッカー[日本版]

他人に合わせようとすると辛くなる

自分だけ取り残されていないか? そう不安を感じたことは誰しもが経験しているはず。

「だからどうした? 慌てて追いかける必要はない」と背中をさすってくれるのが、以下の記事で紹介している韓国のエッセイ本『あやうく一生懸命生きるところだった』(ハ・ワン 著、岡崎 暢子 訳、ダイヤモンド社)。

「他人の価値観」に合わせた生き方では苦しい。それよりも、自分だけのペースや道のりを探そう、と優しい提案をしてくれています。

ぜひ記事とあわせて、書籍も手に取ってみてはいかがでしょうか?

▼記事を読む

韓国でベストセラー。40手前から始める「頑張らない生き方」:書評 | ライフハッカー[日本版]

韓国でベストセラー。40手前から始める「頑張らない生き方」:書評 | ライフハッカー[日本版]

▼本をチェックする