「Microsoft Teamsを使っていると、Macがすごく遅くなるんだけど…。」

そんな悩みを抱えているのは、あなただけではありません。

Microsoft Teamsはひどく肥大化したアプリなので、M1 Macのユーザーでさえ、マシンがほぼ使えない状態になってしまうことも。

もちろん使うのをやめれば、この問題は解決します。でも、仕事で必要な人なら、そういうわけにもいきません。

大丈夫です。解決策はちゃんとありますから。

いまのところ、Microsoft Teamsへの不満は、Mac用アプリに関するものがほとんどです。ただし、Windows用アプリにも問題がないわけではありません。

バッテリー残量とパフォーマンスに非常に悪い影響を及ぼしている、という不満の声が一部であがっています。

仕事の打ち合わせ中に、ミュートを解除して質問に答えようとすると、アプリが反応しないこともあるそうです。

こうした不満の声は、IntelとM1 Macのどちらのユーザーからもあがっています。どれだけ高速なマシンでも、最適化が不十分なアプリを使えば、動作が遅くなることもあるでしょう。

では、どうすれば、Teamsのパフォーマンス問題を防ぐことができるのでしょうか?

解決策1. TeamsのMicrosoft Edge用アプリをインストール

Screenshot: Pranay Parab
Screenshot: Pranay Parab

解決策のひとつは、Teamsをウェブブラウザー・Microsoft Edge用のアプリとしてインストールすることです。

このバージョンには、一般的なユーザーに必要な機能がすべて入っています。それでいて、マシンのパフォーマンス低下を招くことはありません。

以下がその手順です。

  1. Microsoft Edgeを、コンピューターにダウンロード。
  2. インストールが完了したら、Teamsを開いて、アカウントにサインイン。
  3. ウィンドウの右上にある3点ドットのアイコンをクリック。
  4. アプリ>このサイトをアプリとしてインストールするの順にクリック。
  5. ポップアップ内の青いインストールボタンをクリックして、許可を選択。

これで、Microsoft Edge版のTeamsがコンピューターにインストールされます。

解決策2. ほかのウェブブラウザーからTeamsを利用

TeamsをMicrosoft Edge用アプリとして使いたくない場合は、お好きなウェブブラウザーから直接、このサービスを利用することもできます。

Teamsのウェブサイトへ行って、サインインするだけです。

詳しい仕様書も用意されているので、これを読めば、どの機能がどのブラウザーでサポートされているのかがすぐにわかります。

SafariとFirefoxでは、Teamsの機能はほとんど使えませんが、ChromeとEdgeは、その機能をすべてサポートしています。

動画のテキストも一瞬でコピペ!メモ効率があがるChrome拡張機能『Blackbox』【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー[日本版]

動画のテキストも一瞬でコピペ!メモ効率があがるChrome拡張機能『Blackbox』【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー[日本版]

Googleドキュメントの“意外と知らない”機能ベスト8
 | ライフハッカー[日本版]

Googleドキュメントの“意外と知らない”機能ベスト8 | ライフハッカー[日本版]

Source: Microsoft(1,2,3),Y Combinator