何かを学ぼうとしていて、専門書を読んでもよくわからない場合は、子ども向けの本を選んでみてはいかがでしょうか。

アメリカのクイズ番組「Jeopardy」で最近110万ドルを獲得したJames Holzhauerは、現在その番組ではKen Jenningsに次ぐ勝者となっています。

クイズ王「学習効果を高めた読書術は…」

Holzhauerは、ニューヨーク・タイムズ紙のインタビューで、そのようにさまざまなカテゴリーにまたがった知識を得ることを含む、成功の秘訣について語っていました。

私は知識を得るのに、子ども向けの本を読むという方法をとっています。

自分が興味のないテーマに関する大人向けの本では、自分が読み進められないことがわかったのです。

それで、興味のない読者に興味を持たせるようにつくられている本は、図書館のどこにあるかと考えた時に、子ども向けの本だと気づいたのです

新しいことを学びはじめるなら、子ども向け講座を試そう

少し違うやり方ですが、私はコードを学ぶ時にこの方法を使っていました。

コードを学ぶのは好きなのですが、大人の“初心者向け”の本でも、私には少し難しすぎて、ほんの少し読んだあとは理解できなかったのです。

子ども向けのコーディングのクラスだと、私でも最初から最後までかなり楽にやり通すことができ、そのあとで大人のクラスを受けるとより理解ができました

当然ながら、すべてのテーマやトピックで子ども向けの本を見つけられるとは限りません。

しかし、何かを学ぶのに苦労していて、それに子ども向けの本がある場合は、勉強を軌道に乗せるのにピッタリだと思います。

──2019年5月13日の記事を再編集のうえ、再掲しています。

賢くなるには「ひとりごと」が有効。その驚くべき効果 | ライフハッカー[日本版]

賢くなるには「ひとりごと」が有効。その驚くべき効果 | ライフハッカー[日本版]

知識ゼロから専門家になる、効率的な学び方とは? | ライフハッカー[日本版]

知識ゼロから専門家になる、効率的な学び方とは? | ライフハッカー[日本版]

英語が自然に身に付く! 私が音楽を学びに活用した方法 | ライフハッカー[日本版]

英語が自然に身に付く! 私が音楽を学びに活用した方法 | ライフハッカー[日本版]

もっと最高効率の学び方を読む>>

訳:的野裕子/Source: The New York Times