スマホでの音ゲーもPCゲーマーも、両方おさえてる。

JBLのゲーミングオーディオシリーズ「JBL Quantum」から、初めてのワイヤレスイヤホン「JBL Quantum TWS」が登場しました。JBLはいろーんなワイヤレスイヤホンを手掛けていますが、このシリーズの特徴は、ズバリ低遅延

低遅延接続でケーブルから開放!

普通に音楽を聞く分には、遅延が気になることはほとんどありません。ですが、たとえばワイヤレスイヤホンをスマホにつないで動画や映画を見ると、音が遅れて聞こえたりすることもあったり。唇の動きと声がズレると変な感じしません…?

そこを解消すべく「JBL Quantum TWS」は、USBドングルを使った2.4GHzワイヤレス接続に対応。約0.05秒の低遅延を実現しました。ドングルはケースに収納可能なので、イヤホンと一緒にも持ち歩けます。PCゲームの相棒にぴったり。

また、USBドングルを使いながらBluetoothでの接続にも対応。PCゲームをプレイするかたわら、スマホでの通話や動画視聴もできちゃいます(ゲームしながら動画見るのか…?)。

コーデックはSBCとAACに対応し、SBCでは音質が落ちるかわりに遅延を0.12秒におさえた「ゲーミングモード」が使用可能。スマホゲー派にはこっちかな。

もちろんノイキャンにも対応し、周囲の騒音に合わせて最適な補正をかけるハイブリッドノイズキャンセリング機能を搭載。ノイキャンとドングルを組み合わせれば、低遅延かつサイレントなゲーム環境が構築できるってワケです。

バッテリーはイヤホン本体で約8時間、ケース充電が16時間。価格は1万9800円です。

PCゲームでは有線のヘッドホンやイヤホンが一般的ですが、ケーブルレスの快適さはプライスレス。ワイヤレスイヤホンならスマホでも使えるし、何かと一石二鳥なモデルに仕上がってますね。遅延に敏感なゲーマーは試してみてはいかが?

Image: JBL

執筆:ヤマダユウス型

Source: JBL, Amazon

ギズモード・ジャパンより転載(2022.7.22公開記事)